共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

家計簿のヒント

スーパーへ買い物に行く前に!家にある食材だけでなんとかならないか?

更新日:

今日は買い物に行く日!と決めている方。もし、冷蔵庫に残っているものがあったら棚卸ししてみて、それでなんとか夕食を作れないか、考えてみませんか?

スポンサーリンク

キッチンにある食材を探す

私、普段から、食材の調達のための買い物は1週間に1回、もしくは多くても2回しか行きません。

そもそも、メインの食材となる肉や魚、卵などをまとめ買いしているからです。

しかし、時にはうっかりしていて夕食用にと買っても、作ってみたら意外と少ない量だったとき、メイン食材を前倒しして使ってしまうことがあります。

そんなときに、今日は買い物に行かず、家の残り食材でなんとかならないかを必死に考えるようになりました。

まず、家にある食材を書き出してみましょう。

冷蔵庫、冷凍庫、戸棚などにある食材、すべて書きだすと…意外とありますよ。使えるものがね。

我が家のよく残っている食材

  • ツナ缶
  • 玉ねぎ
  • じゃがいも
  • 人参
  • 冷凍コーン
  • ちくわ
  • はんぺん
  • ベーコン
  • とろけるチーズ

これらはよく残っている食材です。

あと、意外と盲点なのがレトルトカレーです。レトルトカレーが1個あれば、意外とすごいおかずが作れたりします。

 

残っているものでメインおかずを!

よく残っているのは卵とベーコン。

冷凍庫に何もなくて…ということもしばしばです。

こういうとき、

他には玉ねぎやじゃがいも、人参くらいはある。さて何を作ろうか?

という感じで考えます。

クリームシチューで乗り切ろう…という感じで答えはまとまります。卵は茹でてマヨネーズであえてサラダにするか、残すか…です。

ただ、メインの肉や魚がない、となるとやはり買い物にでかけちゃうんですが。

 

先日、同じように買い物に行こうか、それともなんとかならないかを考えるときがありました。

ちょうど、そうめんが残っており、さすがに秋になって冷たいそうめんというわけにはいきません。

そこで、あったかいお汁にちくわ、玉ねぎ、人参を入れて、盛り付けのときにツナ、ゆで卵をのせて「あったかツナそうめん」にしました。

ちょうど冷凍コーンがあったので、コーンでかき揚げを作りそれも添えました。

夕食にはちょっと物足りない感じだったのですが、それでもなんとか乗り切ることができました。

さすがに次の日の朝ごはんのおかずがほぼなくなっていてふりかけと味噌汁で乗り切ってもらいました。この日ばかりは家族には申し訳なかったのです。

 

他にもあります。

ツナ缶とコーンで炊き込みごはん。あとは味噌汁だけなんてこともしばしばです。

先日は、野菜がなくなっているのに気づかず、肉のおかずのみなんてこともありました。

レトルトカレーがあれば、とろけるチーズを乗せて焼きカレーにして食べます。これは本当に助かります。

また、レトルトカレーは、カレーそうめんにもできるので便利です。

こんな感じで、意外と1日くらいなら乗り切れるはずです。本当に1個も食材がないというご家庭の方が少ないのではないのではないでしょうか。

 

買い物に行く回数が減れば出費は抑えられる

私、ホント、いまさらですが、買い物に行く回数が減れば出費は減るということを実感しています。

スーパーに行くと、特に夕方16:30くらいから私のよくいくスーパーでは2割引シールが貼られます。

この時間に行くと、必ず余計なものまで買ってしまうのです。

冷凍できるメイン食材であればいいのですが、あまり日持ちしない野菜、果物なんかをたくさん買い込んでしまって、最終的に捨てるということを経験してきました。

そういう痛い思いをしてきてたどり着いたのがスーパーに行く回数をとにかく減らすということ。

牛乳と卵、バナナくらいならコンビニで済ませます。(コンビニって便利なんですもん!)

こういう感じでやりくりすると、ホント、食費は思ったよりも減らせます。

もし、同じように悩まれている方の参考になれば幸いです。

 

-家計簿のヒント
-, , ,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.