共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

家計簿のヒント

インスタでこれいいな〜と思って買う前に考えてほしいことを書いてみる

投稿日:

衝動買いして使ってないもの。我が家にも本当にたくさんあります。

2016年から家計見直ししていますが、そのときに不用品となったもの、買ったけど使ってないもの、これらをフリマで売りました。

その後、モノを買う前にかならず考えること。それが「本当にそれを持っていないと生活できないか?」ということ。

スポンサーリンク

そのモノがないと生活できないのか?

ここ数年でしょうか。

断捨離が流行り、スマートな生活をする方が増えました。

特に、お金をしっかりと貯めている人の買い物癖の傾向を見ていると、なんでもかんでも買うということをしていなく、本当にそれがないと生活できないのか?という自問自答をしてシンプルな生活をしています。

人間って、衣食住という昔からの生活に必要だとされているものがあります。

生活とは基本的に、命をつなぎ活動することであり、また生きながらえるために行う様々な活動である。 人は生き続けるためには、少なくとも、何らかの栄養を取らなければならず、(一般に)身体に何かをまとうことで体温を保つ必要があり、また野の雨や風をしのげる場所で眠りをとることを必要とする。つまり食べること、着ること、住まうことである。日本では、そうした生活の基本を漢字で簡潔に表現しようとする時は「衣食住」(いしょくじゅう)などと表現する。「衣食住」の基本は、人が生活していく上で必要な、食(食事)、衣(衣服)、住(居住、雨風をしのげる寝場所)の確保である。

引用元:ウィキペディア(生活)より

ここに書かれている通り、

人が生活していく上で必要な、食(食事)、衣(衣服)、住(居住、雨風をしのげる寝場所)の確保

というのが生活に必要なものと考えるべきだということ。

今、日本にはたくさんの物が溢れており、同じ用途のものであってもデザインや色で迷うものですよね。

その中でも衣服に関しては本当にこれがないと生活できないか?と自問自答して買うようにしています。

 

インスタ掲載で衝動買いしてしまったモノたち

2017年流行語大賞になったインスタ映えというキーワード。

インスタグラムには、いろいろなものがたくさん掲載されており、その中でもおそらくインスタグラムを見てモノを買ったという経験ないでしょうか?

私はあるんです。

それがほぼ日手帳。

以前からほぼ日手帳のカズンをずっと使ってきたのですが、なかなかその使いみちというものが定まらず、悩んでいたのが2016年。

そのときにふとみたインスタグラムの中にそれはありました。

ほぼ日手帳をきちんと書いている人が使っていたカバーがアンリークイールという、今は日本にないブランドのもの。

A5サイズのほぼ日手帳カズンのカバーで、これはほぼ日ストアには売っていないもの。アンリークイールの青山本店に電話をして、在庫を確認して買ったものです。(値段は…67,000円+消費税)

なんて高いものを買ったんでしょうね〜笑

それにつられるようにして買ったのが万年筆。

最初に買った万年筆はノベルティのものだったのですが、重くて使いにくかったんですね。そこで、巷で流行っているというLAMYを数本買ったんです。

しかし、どうも自分の指に合わない…ということで、ちょっと高い万年筆を探していました。

そして見つけたのがこちら。

センチュリーの万年筆。

今は販売されていないものみたいですね。

別のものを使っていた私としては、これは本当に書きやすい!と感動しました。

 

結局、このほぼ日手帳ですが、万年筆で書いたのは2017年前半くらいで、残りは空白が目立ってきて断念。

アンリークイールのほぼ日手帳カバーもあまり用途を感じなくなりフリマで売りました。

他にもあります。

それが北欧関連のモノたち。

marimekkoやArabiaのマグカップをかなり集めたのですが、結局は用途がなく、今はほとんど手放しています。

 

インスタ掲載品は実用性に欠ける?

インスタで流行っているもの。

確かに見た目だけで考えるとすごいと思いますが…実用性に欠けるものが多い気もします。

特に、アパレルなんかはそう感じてなりません。

私が、実際に手にとって実用性に欠けると思ったものの一つに、インスタで流行ってるUNIQLO-U。

私は近くにUNIQLO-Uを取り扱っている店舗がないので実物を触って買うことができません。

そんなとき、インスタで流行っていたのがUNIQLOのリブセーターでした。メンズモノなんですが、おそらく昨年は女性が多く買っていたものなのではと思います。

 

完売している状態がずっと続き、やっと購入できたのが1月になってから。

ラムブレンドということで、そこそこの暖かさがあるセーターですが。

これ、買ってみて着てみてわかるのですが、首元がとてもチクチクするんですよ〜汗

子どもに言わせると

おしゃれは我慢してこそ!

って。

でもね、このチクチクする違和感、ずっと我慢して着ることができないので最終的に1回、数時間しか着ないまま、クリーニングしてフリマで売ることにしました。

見た目はよくてもチクチクするものなんて私は我慢してまで着ることができませんでした。

 

インスタ投稿のための買い物はやめる

そういう感じで、私もインスタグラム投稿のために、いろいろ買ってきましたが、今はきれいさっぱりとやめています。

というのも、インスタ投稿のためにモノを買うってばかばかしいな…とかんじるようになったからです。

実は、インスタグラムに限らず、こういう現象は昔からあるもの。

雑誌掲載のアイテム

これはホント、実用性はどうなのかな…と思うものがあります。

例えば、Mart、リンネルあたりはそう感じるものが多数です。かえって、雑誌を参考にするならLDKあたりの検証してその結果こうなったというもののほうがいい気がします。

とにかく、SNS投稿目的で買うというのは、間違いなく無駄になるものなので、本当に必要なものを買うという癖がつくと、家の中に不用品はなくなるのではないでしょうか。

 

 

 

-家計簿のヒント
-, ,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.