共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

家計管理

いつの間にかなくなっているお金の流れを知っておくこと

投稿日:

予算化して家計管理をしていますが、なぜかあっという間にお金がなくなっている…ということありませんか?

銀行からお金を引き出しして、1週間の予算分、引き出ししてきたのになぜかなくなっているということありませんか?

お金の流れ、支出の流れを把握する目的で家計簿を付けるということになります。

スポンサーリンク

何にお金を使っているか知る

まず、最初に何にお金を使っているかを知らないといけません。

以前の私は、欲しいものがあると、予算範囲内じゃないのに…つい買ってしまうということがありました。

何にお金を使っているかを把握するための方法が家計簿です。

月末に使ったお金を計算し、どのお店でいくらの買い物をしたのかを、細かくチェックします。

家計簿ってどれがいい?自分にぴったり合う家計簿を探すコツ

家計管理をしていく上で、家計簿を付けて出費を記録することが必要になります。 特に、我が家のように家計管理を見直そうとするとき、確実に貯金額を増やすためには、確実に予算化して家計管理をしていかないといけ ...

私は、個別の買い物をすべて「づんの家計簿」を参考にして、手間であっても書いています。最初は、ホント手間だったのですが、それでも書いておくことが、月末になってから見直すことができるので便利なんですよ。

 

無駄な出費を省くコツ

私も以前は、本当に色々な部分にムダがありました。

いくつか、改善したものをこちらに紹介しておきます。

 

100円均一で目的外のものは買わない工夫

100円均一って、はっきり言ってお店の中にいるだけでワクワクします。

だって、本当にこれが100円!?と思うようなものがいっぱいあって、ついうっかりと手に取ると欲しくなってしまいます。

100円均一の罠がまさにこれです。

目的外のものをうっかりと買ってしまう

 

私は、100円均一に行くことがよくあります。

これ、自分がそもそも買い物が好きで、ストレス発散のために買っているということがあります。

以前は、いつも使っているものが無くなって、それを買うために100円均一に行くと、540円で済ませられるものなのに、レジで精算すると2,160円です〜ということがありました。

なぜここまで大きな出費になってしまうのか?それは、つい何か必要なものがあったかもしれない…という散策するクセです。

 

散策する=誘惑が多い

となり、予定外のモノを買ってしまうという負のスパイラルにハマってしまうのです。

そもそも、100円均一の目的が散策させるということにあり、目的のもの以外も買ってもらうお店のレイアウトになっています。

私は、そういうクセを直すために、今は子どもにおつかい形式で「◯◯を3個買ってきて!」とお願いし、100円均一に入る頻度を減らす工夫をしました。

これをやったところ、100円均一の出費が抑えられました!

 

コンビニの誘惑

コンビニって便利なので、どうしても使ってしまいます。

今はなくなったのですが、以前はコンビニに行くと、最初に本のコーナーに立ち寄るクセがあり、本を眺めて新作本をチェックしてました。

すると、私が好きな「リンネル」とか「大人のおしゃれ手帖」という本が発売されていると、つい付録に目がいってしまい、安くない本なのに買ってしまいます。

また、コンビニの場合、スイーツにも目がとまり、デブの元になる甘いものをつい買ってしまいます。たまにならいいですが、寄る度に何か買わないといけないという変な気持ちになってしまうことがありました。

しかし、あまりにもコンビニに行く回数が増えてしまって出費が増えたことで、気持ちを切り替えることにしました。

コンビニに行く回数を減らす!

と決め、1週間に1回しか立ち寄らないと決めたら、自然と出費も減っていきました。

 

 

ぶらりと立ち寄るしまむらに要注意!

我が家の3人目の子どもですが、土曜日の午後から英語のレッスンに通っています。

ペッピーキッズクラブという英語教室に通っていて、レッスン時間が1時間なんですね。家からレッスン会場まで約20分の距離にあり、1時間のレッスン中に待ち時間があります。

暇つぶしでしまむらにぶらりと立ち寄ります。

すると…毎週のようにしまむらに立ち寄ると、出来心で誘惑に負けることがあります。

先日は、ふとネックウォーマーがかわいいな…と思って1,000円ちょっとで買ったのですが、結局使ったのは2回。きっともう使わないな…と反省しています。

また、しまむらには洋服もありますよね?今は、衝動で洋服を買うということはなくなったのですが、以前は毎週のようにしまむらのレシートがあり、月に10,000円くらいは自分の服に使っていました。

洋服も使えなくなったものが出てきてから買うということを徹底しまして、今は自分の洋服はほぼ買わずに過ごせてます。

 

※他にも出てきたときは、追記していきます。

無駄なモノを買わないと覚悟を決める

家計管理って、無駄なものを買わないと覚悟を決めることができないと、改善されていきません。

そもそも、お給料を貰って、それ以上の金額を使えばマイナスになるので、マイナスにしておくことは絶対にあってはならないことなのです。

あ〜今月も赤字だった…

ということが1年も続けば、貯金を切り崩しているか、どこからか借金をしてきているということになります。

私は、こういうことが以前は上手にできていなかったんだと思います。

でも、今は覚悟を持って家計管理をしっかりとやると決めましたので、節約するところ、使うところというメリハリがつけられるようになってきました。

私が今の状態になるまで、3年くらいかかっています。

以前、拝見した家計簿のことを書いているブログに書かれていたんですが

家計管理を1年目から完璧にこなせる人はいません。我が家のように赤字家計簿を黒字家計簿にするために、借金を返済しつつとなると3年から5年はかかると思います。家計管理はフルマラソンと同じなんだと覚えておいてください。

いい言葉だな…と思ったので、記憶していました。

※どのブログだったかが思い出せないのでスミマセン…

私も、今を80%とすれば、一昨年は20%、昨年は60%かなと思います。昔からから比べたら、家計管理は上手にできるようになってきました。

最初からできる人はいませんので、徐々にできるようになっていけばいいと思います。

 

 

 

-家計管理
-,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.