共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

管理人

iPhoneが充電されない…完全放電したときにどうすれば直せるのか?

投稿日:

我が家、古いiPhoneを使っておりまして…未だにiPhone5なんです。

しかし、最近、充電の状態がすこぶる悪くなってきており、そろそろ買い替え時期にはいっていることはわかっておりますが…

そんなiPhone5が先日から充電しても一向に動かずなのです。その困ったときの対処法をまとめます。

スポンサーリンク

iPhoneが完全放電になった状態

iPhoneが完全放電になった状態というのがこちら。

(画像引用 Appleサポート https://support.apple.com/ja-jp/HT201412

このように電源がないということを示す画面のまま何も動きません。

そして、この状態から数時間、1日以上充電しても何も動かずでした。

そこで、色々調べてみたらなんか納得できるものが見つからず困っていました。

 

充電されないときの対処法を1個ずつやってみる

私がやったのがネットに書かれている充電されないときの対処法を1個ずつやってみるということでした。

iPhoneが充電されないときの対処法

こういうサイトやブログに書かれている対処法って根本的に解決できるものではなくって、一時的な回復方法だったんですね。

そのため、私の持っているiPhoneではどれも当てはまりません。

最後に見つけたのが「iPhoneが完全放電になった」というものでした。

 

完全放電になったiPhoneを直す方法

私のiPhone5がなかなか充電されないという状態は、どうやら完全放電というもので、携帯電話の中の電気が完全に無くなっているという状態。

これだと1%充電するまでに相当な電力が必要ということだそうです。

そこでタコ足にならないように壁にあるコンセントタップから充電をするのが基本。

そこで、普段か使っているiPhoneの充電器に指して待ち続けました。

手持ちの充電器は3つあって、それを指して1日待ちます。しかし、iPhoneの電源が入らず、困っていました。

さて困ったな…と思ったときに、子どもが言うのです。

 

iPhoneが古いからじゃない?それだと充電器(ケーブルとタップ)は純正じゃないと(iPhone5対応じゃないと)充電できないらしいよ

そんなことあるのか?と思ったんです。

そこで、家にあったAppleに付属してきた充電器をすべてはめてみて充電を開始しました。

しかしどれでも充電をすることができず困ったとき、ふとちょっと前に買ったiPadの充電器があったことに気づき、直接壁にあるコンセントに指しました。

それから約10時間…ようやく私のiPhoneの電源が入ったことでホッとしました。

 

万が一のためのバックアップ

こうなるといつ壊れてもおかしくないわけなので、バックアップが必須になります。

私はパソコンにバックアップをとっておりまして、万が一の対策はとっています。

家のパソコンはMacなので、接続すると自動的にバックアップしてくれます。

ただ、頻繁にデータがバックアップされないのは困るので1週間に1回はiTunesにつなぎバックアップするようにしています。

 

古いiPhoneは1%になったら必ず充電を!

それ以来、充電が1%になっても必ず電源が完全に切れる前に充電するようになりました。古いiPhoneを持っている方は、この部分だけ気をつけていればいいと思います。

そして、携帯用モバイルバッテリーも必須なので、ひとまず購入して持ち歩くようにしています。

 

携帯用モバイルバッテリーさせ持っていれば万が一の充電ゼロを避けることができます。それでも古いので少し放置しただけであっという間に完全放電になってしまうことがありますが、それでも携帯用があれば便利なんです。

そして、いつか必ず壊れるiPhoneのことを考慮して、普段から中古iPhoneを探しています。

 

前に買ったiPhoneもこのGEOmobileだったんですが、こちらは対応が良いので個人的には中古のiPhoneはこの店舗で買っています。

気になる方はネット通販を見てみてください^^

 

-管理人

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.