共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

生活費

食費を減らしたい!と考えたときに最初にやったことをまとめてみた

投稿日:

なんか、食費って意外と高いな…と思ったことありませんか?

我が家も子ども3人いて、家族5人のときは、子どもと旦那がとても食べるため、食費が毎月8万〜10万円という時期がありました。

そんな食費ですが減らしたいならまず最初にやるべきことを、私が実践したことをまとめます。

スポンサーリンク

食費を減らすヒント

 

食費を減らす前に最初に見てほしいのは、食費の集計がどんな形で計上されているか?ということに着目します。

例えば

Aさん

  • 食材費 6万円
  • 嗜好品 2万円
  • 外食費 1万円
  • 食費合計 9万円

Bさん

  • 食材費 9万円
  • 食費合計 9万円

 

同じ食費合計9万円ですが、内訳を見ていると大きく違っています。

我が家は、Aさんタイプで家計簿を計上しており、嗜好品や外食は家計簿集計の食費とは別に数字で計算しています。

ただ、ご家庭によっては外食するということはお出かけしたときの食事として考えるとレジャー娯楽費に入れるというご家庭もあります。

そこで、基本的に食費として計上するのは食材費のみと考えるべきではないでしょうか?

 

そして、本題に入りますが、どうしても食材費を減らしたい!と思った時、私がやってきたことをこちらにまとめます。

 

買い物に行く回数を減らす

おそらく、この部分を守るだけでも食費は大きく削ることができます。

我が家の場合、基本的にスーパーに行くのは週1〜2回くらいです。月に直すと6回くらいになります。6回で5日分の夕食のメイン食材をとりあえず買っておきます。

オイシックスを使うときは回数は減りますし、オイシックスを使わないときは2回くらいスーパーへ足を運びます。

スーパーでは基本的に7,000〜8,000円くらいを目安に買い物を済ませます。

 

 

調味料は定番モノしか買わない

これは我が家はかなり徹底しておりまして、今は調味料を買うときは目新しいものを買わないことにしています。

以前は、あたらしいドレッシングが出ると買ってみたり、香辛料を買ってみたりしていました。(旦那が新しい味を買うことが好きだったのですが…)

ところが、家計見直しをしてみると、最終的に買った調味料を捨ててしまっていた時期があり、それを回避する目的でやったのがこの方法でした。

398円のドレッシングであっても、半年以内に食べきれないときはもうひどと買わないという徹底をするといいと思います。

 

食材は基本的に捨てない

調味料と同じ考え方ですが、食べきれない食材を買わないということを徹底していればなにも問題ありません。

買ったものを捨てる=お金を無駄にしている

という感覚を忘れないようにすべきなのです。

しかし、スーパーで特売品があれば迷わずに買ってしまいますよね?

例えば、キャベツが特売で1玉98円だったとしましょう。1玉買って1週間以内で3/4使ったとしましょうか。しかし、1週間過ぎて冷蔵庫の野菜室に1/4のキャベツが残っていて、これが食べきれずに捨ててしまうとなると、単純計算で26円を捨てているということになります。

私が買った中で使い切れずに捨ててしまった食材は、白菜、大根、キャベツなどです。

また、もやしなども大袋1kg買うと98円ということがあるのですが、これも使い切れない…ということがないようにするのがコツです。

 

イレギュラーな食材は買わない

私、よく料理番組を見ています。

その中で普段使わない食材を使って美味しそうに料理を作っているとついうっかり真似してみたくなります。

ところが、普段使い慣れていない食材を買って料理をしても食べきることができなかったり、食材が余ったりすると捨ててしまうことがあります。

使い慣れてない食材、変わったメニュー料理など、これらが余ると捨てることになることに家計見直しで気付かされました。

 

食べ切れる分だけ買う

お惣菜などを買う時、どのくらいの個数買っていますか?

個数を家族の人数分買うのは正解。

我が家は今は4人家族で以前なら多めに買って余るようにしていましたが、今は夕食の分だけ買うようになりました。

 

純粋な食費を計算してみる

食費の中の内訳ってどんな感じになっていますか?

  • 主食(米やパン)
  • 野菜や果物
  • 肉や魚
  • 豆腐や卵
  • 調味料

これらがあればご飯は作れます。基本的に純粋な食費はこの費用のみが計上されるのがベストです。

しかし、スーパーのレシートってお菓子やコーヒーなどの嗜好品を含めてあるのでこれらもまとめて食費として計上していませんか?

この部分を計算してみてください。おそらく一般的に食べ盛りの子どもを含む4人家族であれば6万円以上かかるということであれば見直しをすべきだということです。

 

 

こんな感じで見直ししてみると、食費は思ったよりもかかっていないこと。

お菓子などの嗜好品を予想以上に買っている場合はそれを控えるだけでもかなりの節約になりますので、一度、振り返ってみるといいのではないでしょうか。

 

-生活費
-, ,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.