共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

妊娠出産

妊娠中に入院することになって私が必要だと思ったものを紹介しておきます!

投稿日:

妊娠中に入院をする方っていると思います。

私は、妊娠後期に妊娠高血圧症候群と診断され、出産前に2回の入院をしました。

そこで、私が入院したときに持っていったもの、揃えたものをまとめてみます。

スポンサーリンク

妊娠中の入院で揃えたもの

妊娠中の入院ですが、妊娠周期ごとに持っていくものがかなりばらつきがあります。

そこで、妊娠初期&中期、妊娠後期にわけて紹介します。

妊娠後期の入院

妊娠後期の入院の場合、お産になる可能性が高い場合はお産の入院道具も持っていく必要があり、なおかつ赤ちゃんの産着など赤ちゃんと一緒に家に帰る準備もしていく必要があります。

特に、妊娠8ヶ月以降の入院だと、医師からお産の準備もしてきて欲しいと伝えられることもありますので、ある程度のものはその時期までに買い揃えておくことが好ましいです。

私は3人目の出産のとき、まだ買い揃えていないものがあっていきなり妊娠高血圧症候群と診断され入院してしまい、退院後も行動が制限されてしまった経緯がありますので、そういう自体に備えて準備をしておくのがいいです。

 

妊娠初期&中期の入院

妊娠初期の入院、妊娠中期の入院については、基本的にプレママさん本人のものだけ揃えておけばいいです。

治療のための入院になるので、基本的に安静第一になることが多く、ベッドの上で寝ころんでいる時間が多くなります。

産婦人科の入院は、まだ産んでいないママさんにとってはとても心地よい場所ではないので、暇つぶしできるモノ(本や雑誌、ゲームなど)を持ち込むといいと思います。

 

 

妊娠高血圧症候群で入院したときのこと

 

私の場合、妊娠8ヶ月のとき妊婦健診に行き、妊娠高血圧症候群と診断をされ、当日入院と告げられます。

そのとき、まだ完全にお産の準備はできていなくて、いきなり入院となりました。ただ、お産になる可能性は低く、ママの入院準備だけで済みました。無理やり家に戻りたいと言って夕食の時間までに入院を完了できていればOKということで許可をもらいました。

そのときは3日間の入院で済んだのですが、周りはお産したママさんがとても多く、ママ友との交流なんてものはなく、暇な3日間を過ごしました。

しかし、妊娠10ヶ月に入ってから、2回目の妊娠高血圧症候群と診断をされ、お産まで家に戻れないと告げられます。その日は、実家の母が仕事で、夫も夕方まで仕事だったのですが、家に戻ることは許可されませんでした。

そのため、前回持ってきた私の入院道具だけをとりあえず持ってきたもらい、あとは生まれてから赤ちゃんのものを持ってきてもらうようにしました。

※お産のための入院道具は基本的に病院が指定したものを持っていくのが基本です。

入院期間はお産を含めて約2週間でしたが、とにかく安静にしていなくてはならず、暇な時間がとても多かったです。

 

妹の入院のときの暇つぶし

私は、妹が2018年5月に赤ちゃんを産んだのですが、そのときに暇つぶしにおすすめしたのがスマホの動画サイトです。

今はスマホで簡単に動画を見られますから、暇つぶしには本当に助かりますね。

この2つの動画サイトがおそらくいいと思います。(妹の入院のときにこれを紹介したらとても喜ばれましたから)

妹はワンピースが好きで、最初から全部みてしまった…と言っていましたもん。

 

あと、動画を見るときには、病院なのでイヤホンは必須です。コードで繋ぐものでもいいですが、動ける範囲が限られるので私はワイヤレスイヤホンをおすすめしました。

 

こちらのワイヤレスイヤホンは私が妹にプレゼントしたもので、ワイヤレスなので部屋の中を自由に動きながら使えるのはとっても便利です。

普段、私はこれを使っていまして、スーパーに行くときにはめて音楽を聞きながらという使い方もできます。

 

-妊娠出産
-, , ,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.