共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

買い物

必要なモノと欲しいモノを理解していますか?無駄使いしないためのヒント

更新日:

今、何かを買うという場合、どこを基準に買い物をしますか?

私は家計を見直すことになってからは、自分の欲しいモノを買うときに悩む癖ができました。

そんな私なりの無駄使いしないためのヒントをこちらで紹介しておきます。

スポンサーリンク

必要なモノと欲しいモノの違い

必要なモノと欲しいモノの違いを知っていますでしょうか?

わかりやすい例で紹介すると「バッグを買う」ということについて紹介します。

  • 子供の修学旅行用のバッグを買う→必要なモノ
  • ママのブランド品のバッグ→欲しいモノ

ということになります。

この必要なモノだけを買うということだけやっていれば、お金の無駄使いはなくなります。ところが、欲しいモノをなんでも買っていると、どんどんお金は減っていきます。

 

どうやって違いを見極めるか?

以前の私も、この必要なモノと欲しいモノの違いというものを理解するまで、かなり苦労しました。

そもそも、必要なモノというのは限られているということに気づけるか?ということが一番の鍵です。

必要なモノというのは、生活に必須となるものと考えることからスタートします。要は、それがないと生活に支障があるかどうかを考えるのです。

いわば衣食住に関することは必要なものとして考えるということです。

食費

食費の場合、とにかく3食のご飯以外のものはすべて必要でないものとして考える癖をつけていきます。

つまり、食事の食材は必要なものとして買っても構わないが、おやつなどのお菓子、パンなどは余計に買わないということを徹底するのです。

また、家で作って食べられるものは買わないという判断ができるかどうかってこともポイントのひとつ。

  • 焼きそば
  • チャーハン
  • ラーメン
  • パスタ

など

とにかく自分で食材を買って作れるものに関しては、外食やテイクアウトすることをしないという決まりを作ってしまうのです。

 

被服費

衣類って、本当に必要なものって限られています。

  • 下着
  • 靴下
  • アウター
  • トップス
  • ボトムス

など

生活に必要最低限の枚数を決めてそれだけを買っていれば無駄はありません。

しかし、服が欲しいな…と思って、街歩きなどをしていて、たまたまバーゲンしているからと衝動で買ったとしても着ないものは無駄ということ。

よくあることですが、定価2万円のコートが50%OFFとなっていて、ちょっとデザイン的にも良さそうだし1万円ならいいかな…と思って買ったとしてもほとんど着ないまましまってある場合、着る頻度が少ないと無駄な買い物をしてしまったということになります。

これなら、2万円でお気に入りのコートを買って5年着たほうが圧倒的にいい買い物となるわけです。

 

 

私がこのことに気づけたきっかけとなった本がハイシマカオリさんの本です。

何パターンか本はありますが、本質部分は同じです。最初の500万円貯めたという本にはこのあたりはしっかりとかかれていますので、もし気になる方は買って読んでみるといいと思います。

わずかな積み重ねが無駄使いをしなくなるコツです。特に、家計の無駄使いの根源は、普段のちょっとした買い物がほとんどだってこと。必要なモノと欲しいモノの違いを見極められるようになると、本当にお金に対する考え方もガラリと変わります。

 

私の服に関しても、子供服に関しても、手持ちの枚数を抑え、流行りのモノは買わないという判断をすることで、余計な買い物をすることがなくなりました。

こういう自分なりのルールを作って守ることができると、欲しいものは買わないという判断をすることができるようになります。

欲しいモノができたときは、とにかく悩むということ。ネット通販だと一旦買い物かごに入れておき、最低でも1週間は悩み、これがないと生活できないかを必死に考え、代用できるものはないかを考えて買うことにすると、欲しい感情はどんどんなくなり、特に何もなくても過ごせるな…という思考へ変わっていきました。

今は、ウィンドウショッピングしていても「これ、あったらいいかも〜♪」という感情だけで買うことはなくなりました。

 

欲しいモノはいつ買うのか?

欲しいモノの中には、生活に欠かせない必要なモノだけど欲しいモノがあります。

例えば、家電製品や料理器具など生活に欠かせないモノです。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 掃除機
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • ガスコンロ

などなど

特に、冷蔵庫や洗濯機、炊飯器は壊れると即座に買うことになるので迷うことはありません。

しかし、電子レンジや掃除機というものは、数日間なくてもなんとかなるもので壊れる前に選んでおき、壊れてから買う方もいるでしょうし、壊れる前に買い替えしておくという方もいるでしょう。

そういう家電の場合、買い替えの前に欲しいモノとして認識しておき、実際に買うのは壊れてからということでいいと思います。

 

 

-買い物
-,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2019 All Rights Reserved.