共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

つぶやき

ATMで振込できない!?何度やっても送金できなかったその理由とは?

投稿日:

先日、我が家が使っているとある料金をATMから振込しようと思いました。先様は手数料を込みで30,240円払ってくださいということだったので、ATMへ行って振込手続きをしようとしました。

ところが、ATMの画面にはエラーの文字が出てきます。振込明細には「エラー:キンガク」とだけ書かれてしまっていて、なぜ振込できないのかわかりません。

そこで、銀行に問い合わせをしてみました。

スポンサーリンク

ATM振込の金額の罠

まず、ATMで手数料込みで振込するとき、振り込む金額をみてください。

私の場合、今回30,240円という金額。

使った銀行のATMの送金手数料は

    • 3万円未満:108円
    • 3万円以上:270円

というものでした。

30,240円という金額は、ATMの認識では270円の送金手数料になります。しかし、実際に振込する金額は29,970円となり、ATMの機械では3万円以下の手数料を計算することになってしまいます。

つまり、ATMの機械では振込できない金額がこの30,240円というわけなのです。

銀行に聞いてみたところ、手数料込みで振込できない金額というのが「30,001円〜30,269円」ということを教えていただき納得できました。

手数料別であれば問題ないけれど、送金する金額が30,000円以下(29,731円〜29,999円の金額)になる場合には、手数料込みの機能を使って振込できないので注意して欲しいと言われました。

 

30,240円手数料込みの振込はどうすればいい?

振込手数料は先方が負担するという場合、2つのやり方があります。

  1. 手数料を差し引き手数料別で振込する
  2. 自分で振込手数料を負担して払う

 

でも、先方が負担してくれるものなので、個人の家計から払うときは、手数料は負担したくないですよね?

こういうときは、「1.手数料を差し引き手数料別で振込する」を使ったほうがいいです。

今回の場合、30,240円の支払で、手数料は270円になりますので送金する金額を29,970円として振り込みました。手数料は108円で済ませられたので、実際は162円分おトクをしたということになります。

ちなみに、振込手数料は銀行毎に異なりますので、事前に調べた上でやってみてください。

 

 

-つぶやき
-

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.