共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

書籍

お金が貯まってしまう最高の家計【著・岩崎淳子】を読んでみた感想をまとめてみた

更新日:

先日、お金に関する書籍をまとめ買いしました。アマゾンで書籍をまとめ買いするとポイントが8%還元されるというキャンペーンを使いました。(Amazonまとめ買いキャンペーンの詳細はこちら

そのときに買った本がこちらの米国公認会計士の岩崎淳子が書かれた書籍です。

スポンサーリンク

岩崎淳子/最高の家計を読んでみた

私、本って電子書籍よりも冊子版を買うほうが多く、お金に関する本は出来る限り読むようにしています。その中でダメって思ったものは感想をまとめないのですが、この岩崎淳子さんの最高の家計はとっても良かったので紹介しておきます。

ダイヤモンド社から出ている書籍で、なんかこのダイヤモンド社って表紙がとても似ているものが多いですね〜笑

中身ですが、本当に凄い!と言ってもいいと思います。というは、元々私が以前買った林總さんの本と中身はほぼ同じです。

何が違うのかというと、お金を増やす方法について書かれている部分があるから凄いと思ったのです。

ただ単に、家計見直しの本ではなく、家計を見直しする方法と同時に、平均狙いをしてしっかりと残す方法について書かれているのです。

最初になぜ節約だけではダメなのかが書かれています。

次に、預金だけではもったいない、トクする保険なんてない!というものも書かれています。

特に、育児をしているパパさん、ママさんには学資保険に関する部分(93ページ・107ページ)を読んで頂き、理解した上で学資保険に加入して欲しいと思っています。

また、保険でお金を貯めるという方法は今は通用しないということもしっかりと説明されており、20年前とは大きく時代が変化していることを実感しました。

私は幼少から母にずっと言われてきたことの中に

毎月、少しでもいいからコツコツ貯金すればお金は貯まる

ということ。当たり前ですが、確かに確実に貯まります。

月10,000ずつでも18年間貯め続けると単純計算で216万円になります。でも、これ、現在の金利を考えるとただ預けておくだけではほぼ増やすことはできません。

じゃあ、どうやってこれを増やすのか?を考えたときにやってほしいことが129ページからの【「何もしない&平均狙い」が手堅い】という部分です。

この部分ですが、ネタバレしておきますが投資信託を使ってお金を増やす仕組みが書かれています。

投資信託って、当然ですがノーリスクではないため、誰でも気軽に…というものではありませんが、他の投資商品とは違って敷居が低い商品ではあります。

ただ、手続きがわかりにくく、私も名前や存在自体は知っていたものの、証券会社に口座を持っていても投資信託に一切積立をしないままずっと過ごしてきました。

そして、現在、やっと投資信託というものに出会って、コツコツと増やす仕組みを作りました。

 

読んでみて変わったこと

今まで、家計に関する本をたくさん読みました。

でも、なかなかこれ!というものがなくって、自分の家がどうすればお金を貯めることができるようになるのかが知りたくて読んできましたが…

そもそもの根本が間違っていることに、この本を読んで気付かされました。

たくさん貯めたいから食費を削るという方法ではなくって、確実に10年後に500万円貯めるというような方法が知りたかったということ。

それを気づかせてくれたのは本当に感謝しています。

 

 

-書籍
-, ,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.