共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

つぶやき

生活するのに最低必要なお金を計算して確実に貯蓄を増やす私なりのコツ

更新日:

今、我が家の手取り額は400万円台です。2016年から家計簿を漬けていた思ったことは、意外と普通に生活できているな…ということ。

つまり、最低限のお金を計算してみると、年収400万円あればきちんと貯蓄ができる生活なんだと思いました。

スポンサーリンク

我が家の最低限必要な生活費は?

まず、最初に家計簿を付けると決めて、書き出したのは固定費でした。

固定費って、最初はとにかく毎月払っているものをすべて書き出してみたんです。

すると…

え〜!?こんなにお金かかっていたのか?

という恐ろしい金額を目にしました。

あまりにも大きな固定費がのしかかり、想像していたよりも遥かに現金生活費がなかったのです。

家計見直し
最初にやるべき家計見直しの項目はこれ!私がやった家計管理のこと

家計管理をもう一回やり直すということをはじめたのは2016年です。 しかし、もう一回家計管理をすると決めたんですが、いざやろうとしても何をどう改善すればいいのかがわかりません。 そこで、自分なりに色々 ...

 

そこで、まずは固定費をすべて削り落とす作業をしました。

固定費見直し
貯金を増やすために減らすではなくやめることで抑えた固定費用

2015年、我が家の預金残高は1,000円以下でした。 そんな残高を見て、私は先行きが見えない不安を抱え、これではダメ!と思い、家計管理を見直ししました。 その中で固定支出をとことん減らすことに着目し ...

 

固定費をとにかく削って削りまくってみたら…意外とお金が残ったのです。

つまり、今までは見直しすらしない状態で無駄なお金を払っていたことを知ったのです。

 

今の支出は最低限のものなのか?

給料(給与)をもらってすべての金額が支出に回っているようであれば、どんなものにいくら払っているかを書き出してみます。

そしたらこちらの家計の黄金比率に当てはめてみます。

家計の黄金比率
家計管理をする上で知っておくと便利な家計の黄金比(支出割合)

ファイナンシャルプランナーの横山光昭さん。 あちこちで、家計の見直しを提唱されている方で、本当に色々な雑誌、ネット、テレビなどで活躍されています。 私も、横山光昭さんの書かれた本を何冊か持っていますが ...

ここに当てはめてみて、多い項目をまず減らします。

子どもがいる家庭の場合、意外とかさんでいるのが習い事です。私は子どもが小さいときから習い事は1つと決めていました。

今通わせているのは英語教室のみで教材費を含めると月11,000円くらいかかります。これが3人いれば33,000円もかかるのです。

いくら安いスポーツ倶楽部であっても月会費が1,000円かかれば年間12,000円、2,000円なら年間24,000円です。そしてスポーツの場合、道具を揃えるのにお金がかかりますし、うまくなってくると大会出場や遠征費などがかかり、すべてを含めると月5,000円くらい、それ以上かかってます。

こういう習い事を見直すのも大切です。収入が多いならいいですが、子どもの望まない習い事を増やしても身につきませんから、家計見直しをきっかけにして習い事を削減していきましょう。

 

生活に必要なお金の項目

生活に最低限、必要とされるお金の項目をこちらにまとめておきます。

  • 住居費(家賃)
  • 水道光熱費
  • 電話料(固定&携帯)
  • 食費
  • 日用品
  • 衣服費
  • 教育費(学校諸経費)
  • 交通費(車も含む)
  • 交際費(親戚付き合い)
  • 美容費

生活に必要になるものの最低限はこちらになります。

この他に、ご家庭毎に外せない出費、必要不可欠なものというのが個々にあると思いますが、基本的にはこれが最低限の出費だと私は思っています。

これ以外に支出があるなら、その支出が生活に最低限必要なのかを考える必要があります。

例えば、美容代。この中には色々なものがあると思います。特に、女性が使う化粧品代、基礎化粧品やメイク代というものは、最低限あれば足りるものであり、必要以上に買っていると完全に浪費になると思います。また、髪の毛を切るとか染めるということは床屋とか美容院代として必須になります。

こういう感じですべてを1個ずつ見ていくと無駄となる出費が隠されていますので、できれば年1回見直しを決めて無駄な支出を削っていくことが大切です。

 

残ったお金は強制貯金

基本的に最低限の生活費を除いたもので残りは強制貯金をしていきます。

ただし、生活費を圧迫するレベルの強制貯金は最初はやめておき、確実に貯金できる金額を強制貯金の金額に設定しておきます。

強制貯金を決めて、その他にまだ残るお金は予備費として預金して残しておきます。これができると、万が一のイレギュラーな出費に備えることができます。

 

我が家の最低必要な生活費

ざっくりですが計算してみたら、生活の部分に必要な金額は月28万〜30万円ということになりました。年間だと336万〜360万円くらいです。

育児をしていると、上の子が小さかったときと、3人目が育っていく中で、物価の上昇が始まり、日々必要になる食費や日用品の出費がどんどん増えている感覚はあります。

特に食費は間違いなく1〜2万円アップしています。私の家は、特に旦那の給料はここ10年アップしてないのに…日常買うものが高くなるのは主婦にとってはイタイな…と思います。

でも、その分、衣服費やコスメ代は少し下がっているのでトントンなのかな?とも思います。

何よりも、今払っているものが必要なものなのか…を見極める目が給料をもらってお金を少しでも残すことに繋がるのかなと思っています。

要は、定期購入などの出費を増やさないことが大切になるのではないでしょうか。

 

-つぶやき

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.