共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

買い物

Amazonで買ったものをキャンセルできない時にやる受取拒否について

投稿日:

Amazonで買った商品、キャンセルしたけど既に発送されておりキャンセルできなかった…ということあります。

Amazonって配送までの時間がとても短く、3時間位あとになってキャンセルの手続きをしてもキャンセルできなかったということがあります。

そんなときにやってほしいのが受取拒否です。

スポンサーリンク

Amazon商品のキャンセル

今回、書籍を買いました。まとめ買いすると通常もらえるポイントが3%なのに、キャンペーン中は8%になります。

10,000円分の書籍をAmazonで購入した場合、通常は300ポイントなのに、800ポイントがもらえるというのが今回のキャンペーンなのです。

そんなキャンペーンをすっかりと忘れており、3冊で注文してしまったのです。そこで、慌ててキャンセルしたのですができませんでした。

そこで、送られてきたメールを見て「受取拒否」という部分を発見しました。

つまり、キャンセルできないときは、荷物の受取を拒否することができるというわけです。

 

Amazonキャンセルのやり方

Amazonにログインして上のバナー部分にある「注文履歴」を開きます。

その中にまだ配送されていない注文があります。

このキャンセルを開きます。

こんな感じで商品にチェックをいれて、キャンセルの理由を入れて「キャンセルをリクエスト」を押してください。

その後、キャンセルできたとかできないという感じでキャンセルリクエストというメールが来ます。

 

私の場合、キャンセルできなかったという内容が送られてきました。

一旦、荷物が出荷されてしまったときは、受取拒否することで送料もかからずに注文した金額が返金されます。

ただし、受け取ってしまってから返品をすると返品送料がかかってしまいますので、どうしても要らない商品だった場合は受取拒否を選択したほうがいいです。

 

 

Amazon受取拒否のペナルティ

私の今回の注文ですが、基本的にキャンセルしたかったのにできなくなったということで、ペナルティはないと思いますが、ただ、毎回キャンセルすることでペナルティが課せられるということも言われています。

そこで、Amazonに確認してみたら、私のように当日注文で数時間後にキャンセルした場合、キャンセルできなかった趣旨のメールを貰った場合は、受取拒否してもペナルティはないということ。

ただ、注文して受取拒否を何度かしていると、ブラックと判断されてしまい、使っているアカウントが使えなくなるということもあるそうです。

つまり、あまりにもマナー違反をしているとしアカウント停止になってしまうリスクがあるということになります。

また、受取拒否ですが、自宅以外でもできます。

コンビニ受け取りを選ばれている方は、受取メールが送られてきてから11日以内の受取がない場合、Amazonへ荷物が戻っていきます。

 

 

 

 

-買い物
-,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.