共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

確定申告

確定申告っていつからいつまでにすればいい?医療費、所得税など提出期限について

投稿日:

確定申告の時期になると、いつも気にしているのがいつからいつまでに確定申告をすればいいのか?ということ。実は、確定申告には色々な期限というものがあって、医療費だけの人、自営業(個人事業主)の所得税、消費税など申告する内容によって提出期限が違っています。

そこで、いつからいつまでに申告すればいいのかをまとめておきます。

スポンサーリンク

確定申告はいつからいつまでか

一般的な所得税に関しての申告が確定申告と言われています。

個人事業主(自営業)などの所得を申告して税金を納める期限が2月16日〜3月15日までとなっています。税金を納入する期限が3月15日となっているのです。

つまり、確定申告の書類を提出して、税金を納入し終える期限が3月15日までということ。ここを間違えないようにしてください。

例えば、3月15日午後から確定申告の書類を提出するとします。しかし、所得税が発生していてそれを3月16日に納入してしまうということがダメというのがこのルールです。

ちなみに消費税の納入期限は4月2日です。

これをしっかりと覚えておきます。

 

いつからいつまでの収入を申告

所得税の確定申告ですが、収入の申告は1月1日〜12月31日までの分を翌年の2月16日〜3月15日までに確定申告します。この日付は変わりませんので覚えておきます。

所得税の確定申告ですが、遡って申告するということができません。

つまり、万が一、確定申告をしていない期間があった場合、無申告加算税や延滞税という重い罰則を受けることになってしまうのです。

また、申告しないままほったらかしておくことは、マイナス部分にしかならず、バレた時の罰則として追加で課税されることが決まっています。

もし、現時点で3年くらい前からずっと収入があるけど申告しないままにしているなら、今からでも良いので自ら申告をしましょう。わからないというときは無料の税務相談を利用すると詳しく教えてもらえます。

 

確定申告の期限を過ぎても大丈夫?

確定申告ですが、所得税の確定申告は3月15日までに申告して納税を済ませることになっています。

本来は3月15日までに所得税の確定申告をすることになっていますが、万が一、何かしらの事情で遅れる場合、電話で遅れることを伝えておくのがいいと思います。

納付する所得税がある場合、遅れると無申告加算税というものが発生しますので、予め知っておきます。

しかし、私もうっかりしていて2日間違えて3月17日に提出したことがありましたが、追徴課税などは発生しませんでした。その場ですぐ所得税を支払い確定申告できました。

数日程度の期限後申告の場合、悪質でないと判断されれば無申告加算税は発生しないと思われます。(詳しいことはお近くの税務署で確認してください)

 

 

医療費だけの確定申告はいつまでか

一般的に、医療費を控除してもらうための確定申告についてですが、これは3月15日までにしなくても大丈夫です。

医療費を控除するということは還付申告といいまして、還付申告に関しては1年中することができます。

医療費の集計期間は1月1日〜12月31日までに支払ったすべてのものが対象で、補填されたものを除いた金額が医療費控除として申告することができます。

一般的に税務署や市町村がやっている確定申告の会場は、所得税の申告向けとなっていて、そのために2月16日から3月15日まではとても混み合ってしまうので、事前に済ませておくことができるようになっています。

例えば、2017年1月から12月末までの医療費を還付申告したい場合、3月16日以降に申告しても問題ないということです。

医療費を控除するための還付申告ですが、こちらは遡って申告することができます。還付申告に関しては基本的に5年分も遡って修正申告することができます。

ただし、この5年分は5年間の分をまとめてではなく、1年ずつ申告をすることになります。

例えば

  • 2016年分
  • 2015年分
  • 2014年分
  • 2013年分
  • 2012年分

という感じで、1年毎に医療費を集計し、控除してもらうことで税金を還付して貰う手続きとなります。

これら、控除してもらうことで住民税も安くなりますのでやっていない…という場合は、遡って還付申告をしてみてください。

 

 

 

 

-確定申告
-, , , ,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.