共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

固定費

旦那のお小遣いって手取り額の平均相場は?手取り額の何%にするのがいいのか

投稿日:

皆さんは旦那さんの小遣いっていくらに設定していますか?我が家は、基本的に手取り額の10%としています。月3万円とか5万円ということで定額で設定している人も多いでしょうか。

そんな旦那さんのお小遣い事情について個人的な意見を書いておきます。

スポンサーリンク

旦那さんのお小遣いの平均額

旦那さんのお小遣いは2017年は低くなっているということ。

こちらの新生銀行のリサーチ結果によると、一番低かった1982年に34,100円だったそうで、2017年は37,428円という過去2番めに低い金額となったようです。

こちらのリサーチ結果で最も見てほしいのは、子育て世代の未就学児、小学生がいるご家庭のお小遣いです。

  • 未就学児のみ:25,828円
  • 未就学児と小学生:27,777円
  • 小学生のみ:23,638円

という平均値よりも低い金額となっています。

ただし、この世代の手取り額が低いということなので、当然の結果なのかもしれません。

こちらのお小遣いのリサーチは昼代を含めた金額ということです。

こちらのお小遣い平均ですが、年収505万円平均の方のものとなっていて、おそらく手取り額は400万円くらいになります。このお小遣いの平均が37,428円ということになるので、割合としては約11%くらいということです。

 

巷の旦那さんのお小遣い相場

お小遣いですが、よく3万円とか5万円とかそういう話はよく聞きますよね。

新生銀行の調査によると配偶者ありのサラリーマンのお小遣いは以下のとおりです。

  • 平均値:26,507円
  • 20代:25,439円
  • 30代:22,068円
  • 40代:23,631円
  • 50代:32,909円

全体の平均値は26,507円です。

旦那さんの年収の平均は505万円なので、手取り額は400万円くらいですよね。この数値をパーセントになおすと、7.7%となります。

これを世帯収入にすると637万円で、手取り額485万円となります。パーセントに直すと6.6%となります。

つまり、結婚しているご家庭の旦那さんのお小遣いは7.0〜8.0%くらいになっているということです。

ただし、これは年収も幅があって、手取り20万円の人、手取り100万円の人、その平均値がコレということになりますので、自分の家の家計事情と同じというわけではありませんから、参考にはならないかもしれません。

手取り20万円 30,000円なら15%ですが、手取り100万円で30,000円なら3%ですからね。数値化するのは簡単ですが、手取りが違えば数値は大きく変わるということです。

逆に言うと、手取り20万円の方が10%となると20,000円ですが、手取り100万円の方が10%となると100,000円になるので8万円の差は大きなものですよね。

そのためお小遣いは金額設定するよりもパーセントで設定するのがベストということになります。そこで、私は基本的に旦那の手取り額10%以内でお小遣いを設定しています。

 

我が家のお小遣い平均はいくか?

2017年の1年間、旦那さんの出費額は渡している現金、食費に含まれる嗜好品、昼代などをすべて含めて約19万円でした。月平均は約16,000円くらいです。

基本的に月10,000円を現金で渡し、私が買い物に行くときにお酒やおつまみを買ってくるという方法でした。その他に、飲み会などの会費があるときは別途請求されますので、それは別で出しています。

洋服代に関しては、お小遣い外の予算としていますので含まれていません。携帯電話代も家計費から出していますので込ではありません。

つまり、すべてを含めて旦那さんのお小遣いを集計すると、諸々コミコミで約32万円くらいになると思います。月平均に直すと26,000円となり、思ったよりも高額になってます。

これだと旦那の手取り額の15〜16%くらいになってしまうのです… これ先程の新生銀行の統計データよりも遥かに高い数値となってしまうのです。

 

旦那のお小遣いを年額で渡す事を考える

さて、ここからが私がやりたいことなのですが、旦那さんにやりくりを覚えてもらう方法を色々、考えています。

まず、年間のお小遣いを一括で渡し、その中でやりくりをしてもらうという方法です。

携帯電話と洋服代を除く、嗜好品とお昼代を含めた金額20万円を一括で渡します。それを1年間、自分でやりくりをしながら使ってもらいたいのです。

実は、昨年の暮あたりに、昼食代、晩酌代込で15,000円の現金を渡すという提案をしたことがあったのですが、却下されたんですよね。

おそらくざっくり計算でこれは自分が損するということを知っていたのでしょうね…笑

 

 

 

-固定費
-, , ,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.