共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

つぶやき

旦那の給料でなんとか生活できないかを必死に考えてみた…という話

投稿日:

今日、ふと見ていたテレビで旦那の給料で生活できると貯蓄が捗るということでした。そこで、我が家の旦那さんの毎月もらってくる給料でなんとか生活できないか…と思って、色々と考えてみました。

私の独り言になりますので、読みたくない方はスルーしてください。

スポンサーリンク

旦那の給料で生活できないか?

旦那の給料で生活するって、本当に大切なことだと思います。

ちょうどこのタイミングで上の子が社会人になります。そのため、固定費の支払額が少しだけですが減ってきます。スマホ代、ネット回線費用、その他補填がなくなります。

そんなとき、旦那の給料生活することができれば…と思いました。

そこで、先に、旦那の給料で生活するとなるとどこをどう削ればいいのか?ということを試算してみました。

 

1ヶ月にかかる固定費

まず、固定費がいくらかかっているかを把握しなければいけません。

我が家の固定費ですが、基本的なものをすべて含めて約127,000円です。これは、これ以上削ることがかなり厳しいもので、これ以下にはならない数字だと思います。

手取り20万円で127,000円を引くと、73,000円で生活をするということになります。夫婦2人ならなんとかなりそうですが、子ども2人を含め家族4人だとちょっとキツイのかな…と思います。

エンゲル係数って、実際に計算したことがなかったのですが、1月の家計簿を元にして計算してみたら、26.6%になりました。これが高いのか、低いのか…基準がはっきりしません。

 

生活できない…

わかっていたことではありますが、我が家は旦那の給料だけで生活をするということができないということ。

そのために、私が働いているわけで、夫婦共働きってそういうことなんだと改めて思いました。

ただ、毎月の収入がとても不安定なフリーランスという仕事を選んでいるということで、将来的にどうなのかって思うことはあります。

稼ぎ口を増やすということでなんとか生活を豊かにすることはできますよね。

私も日々、バイトに行こうかな…とか思うことはあります。ただ、年齢が40代になって30代よりも老化は始まってて、体的にきつくなることが一番の不安要素です。

私が倒れて入院でもしたときには…下の子はまだ小学生なので、淋しい思いをさせますし、ご飯を作れない旦那ですので、食事面の不安が一番です。

そのためにも健康な体を維持しつつ、普通に生活できるというささやかな幸せを守っていくのが一番なのではと思います。

 

生活費が足りないとき

生活できない…という状況だったことがありますので、これだけはやめて欲しいということを伝えておきます。

もし、何かの支払いがあって、どうしても数万円足りない…ということがある場合、お金をどこからか借りるという選択をするのはダメです。

特に、生活費がないということで借金を増やすということは絶対にダメ!

Googleで生活できないを検索する

 

その理由は簡単です。

お金を借りる=必ず返済しなければならない

ということになるからです。

今月足りないということでお金を借りてしまうと、来月から返済が始まります。そうすると、今月足りないわけですから、来月だって足りなくなります。

つまり、これが借金を増やしてしまう一つの要因となってしまうことを知ってほしいのです。

来月足りなくなってまた借金するって、自転車操業という返済しかできなくなり、段々と借金する金額が増えることになります。

そこで最初は減らすべき固定費を削ってみてください。コレはなくてもいいというものをすべてやめます。

貯金を増やすために減らすではなくやめることで抑えた固定費用

2015年、我が家の預金残高は1,000円以下でした。 そんな残高を見て、私は先行きが見えない不安を抱え、これではダメ!と思い、家計管理を見直ししました。 その中で固定支出をとことん減らすことに着目し ...

固定費って、一回契約するとずっと支払いが続くもののことを指します。

よく言われるのは携帯電話代金ですよね。キャリア携帯を使っているとどんなに安くても月額使用料で7,000円くらいかかってしまいます。

そこで思い切って格安SIMに乗り換える!ということです。

通話SIMというタイプで5GBの通信ができて2,000円ちょっとです。7,000円払っていたとすれば5,000円も安くなります。年間60,000円が浮くのです。

こういう見直しを先にやってしまうのです。

一旦、契約したけどすべてやめてみて、もう一回必要なら加入すればいいだけのこと。

こうやって固定費を見直ししてみると意外と無駄な出費をしていたんだな…ということもわかります。

そして、これをやってもまだ生活費が足りないとなったら、あとは収入を増やす努力をするしかありません。副業っていっぱいありますが、変なものに引っかかるのはやめて堅実に稼げるものを探すようにしてください。

 

 

 

-つぶやき
-,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.