共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

固定費

目的別積立/細かな出費をまとめて積立しておくと支払い時に慌てずに済みます!

投稿日:

我が家、年間通して細かな出費を毎月、目的別積立として別に貯蓄に回しています。我が家の目的別積立のやり方をこちらで紹介しておきます。

スポンサーリンク

目的別積立の内訳

目的別積立…

これは、基本的に支払うことが決まっているものを年間で合計して、月割して積み立てているものです。

生活していると、意外と細々した支払いってありませんか?

  • 自治会費
  • 浄化槽点検&汲取費用
  • NHK受診料
  • 自動車保険
  • 灯油
  • その他

など

こちらが支払うものとなります。

これからも増えることがあるかもしれませんが…2018年はこれが目的別積立で支払う項目になります。

 

自治会費

自治会費ですが、田舎特有なのかな?

我が家は、土地や建物を含めて約60,000円の支払いがあります。月々徴収ではなく年2回の徴収日があって、その日にまとめて支払います。

そのため月々積立していないと辛いので目的別に入れています。

 

浄化槽

我が家は田舎住まいで、トイレは未だに浄化槽です。これ、きっとずっと下水道になる地域じゃないと言われていますのでずっと発生するものだと思います。

基本的に浄化槽って月1回の点検なのですが、家族が4人で昼間は私のみと言って2ヶ月に1回にしていただきました。

  • 2,050円✕12ヶ月=24,624円
  • 2,370円✕6ヶ月=14,220円

なんと10,000円も節約することができました!

その他に年1回、浄化槽をすべて汲取して掃除していただく費用が約30,000円くらい発生します。

浄化槽関連の支払いだけで45,000円になります。

 

NHK受診料

NHK受診料ですが、テレビを設置している家庭は必須の支払いです。

我が家、昔取り付けたBSアンテナあるんですが、BSが一切映りません!そのため地上契約で13,990円の年払いでクレジットカードで支払っています。(NHK受診料はBS地上契約だと24,770円になります。)

ちなみに、月払いはなくて2ヶ月に1回の支払いですと2,520円✕6ヶ月で合計15,120円になり、1,130円も高くなります。そのため、もし2ヶ月に1回の支払いを続けているという方は、年払いにするとランチ代くらいは浮きます。

補足ですが、うちは年1回くらいNHKの職員の方が受診アンテナを見て抜き打ちチェックにこられます。先日も土曜日に来られてBSアンテナついてますけど…と言いましたが、

みなみ
ついてても映らないんですよね…そこにテレビあるので確かめて見ますか?

と堂々と言っています。

 

 

自動車保険

車の任意保険。今、車通勤をされていると任意保険に加入してないと通勤手当を出さないという会社が増えましたね。それほど交通事故って怖いものってことです。

我が家も、車を保有してからはずっとかけています。以前は、一番安かったのがJA車共済だったのですが、今は損保会社の自動車保険に加入しています。2016年が35,000円、2017年は38,000円くらいでした。

自動車保険って最近値上げされて、いきなり40,000円近くになりました。35歳以上のプランにしてて、事故歴ないのになぜでしょうか?

自動車保険ですが、基本的に1年に1回だけですが、更新の3ヶ月くらい前に一括見積もりで、毎年安い場所を見ています。できれば35,000円にならないかな…と思っていますがどこも保険会社も値上げされているようなので仕方ないでしょうかね。ぶっちゃけ…年収の0.1%の自動車保険料ってイタイです。

 

灯油

灯油ですが、冬場の暖房だけじゃなく、我が家は湯沸かし器も灯油なんです。

一番使うのが暖房ではありますが、それでも切らすことができません。

そのため、3月から11月くらいまででしょうか。3ヶ月に1回タンクを満タンにしています。冬場の暖房を含め月平均1〜1.3万円くらいかかります。

それを安い業者さんから入れていただくため、別途積立しています。

支払いは請求書が来てから、積立からお金を出して銀行振込しています。

 

その他

その他、こまごました年1回支払いの会費がここに入っています。

交通安全会費、子供会会費、有志会費などです。

ちなみに、子供会会費ですが実質は無料なのです。ただ、支払いが4月、受取8月なので少しばかり時差があります。それをわざとここから出して、もらったお金は子どものお盆お小遣いにしています。

 

 

まとめ

目的別積立ですが、減ることはあまりなく、きっと年間通して払うものが増えると積立額も増えます。

特に、支払額が10,000円を超えるような金額のものはすべて目的別で積立すると、支払い時に慌てずに済みます。

 

以前は、あ〜忘れてた…ということがあったのですが、1年目に頑張って積立したことで、支払いがとても楽になりました。

もし、年1回の支払いで金額の大きなもの、年数回ある支払いのものなどはすべて12ヶ月で割ってこのように積立するといいです。

他に目的別にできるものとしては

  • 保険料(生命保険、学資保険)
  • 人間ドッグ
  • スマホ端末代
  • 住居修繕費(ガラスや網戸など)
  • 家電購入資金

など

特に、冷蔵庫や洗濯機なんて7年くらい耐用年数があります。

20万円のものを買うとなったとき、7年持つとして1年28,571円なんですよ。月に直すと2,380円なんです。これを予め積立しておくと買い換えのときに困りません。

以上が我が家の目的別積立でした。

 

 

 

-固定費
-, , , ,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.