共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

固定費

docomoの携帯をLINEモバイルに切り替えするタイミングっていつがいいのか?

更新日:

2年前から、格安SIMに切り替えすることをずっと悩み続け、ようやく答えが出そうです。そこで、私が乗り換えすることで調べたこと。

キャリア携帯から格安SIMに乗り換えするタイミングていつがオトクなのか?ということについてまとめます。

スポンサーリンク

格安SIMに乗り換えするタイミング

これ、私の中で葛藤してきたことです。

キャリア携帯から格安SIMに乗り換えするタイミングっていつがベストなのか?

調べていると

  • 2年縛りが切れる契約更新のとき
  • 今すぐ切り替える

という2つの方法がありますよね?

でも、今すぐ切り替えるとなると契約解除料(解約金)というものが発生します。

  • ドコモ:9,500円
  • au:3,000円または9,500円
  • ソフトバンク:9,500円

ドコモの場合、今すぐ切り替えをすると、9,500円の解約金を払うのとは別にMNP転出手数料2,000円がかかります。そして持ち出しした電話番号の登録をする際、新規事務手数料3,000円が発生します。

つまり、合計14,500円がかかるということになります。

これが非常にイタイ…と思っていてずっと切り替えるタイミングを伺っていました。しかし、改めて計算してみて、解約金を払っても格安SIMに乗り換えるメリットがあることに気づきました。

私がたくさんある格安SIMの中からLINEモバイルを選んだ理由

 

格安SIMに今すぐ切り替えるメリット

我が家のスマホ、ドコモで利用料金を毎月7,000円くらい払っています。端末分割金はありませんので、純粋に携帯の利用料のみです。

ここからは試算したものをそのまま転記してます。

私が候補にした格安SIMは「LINEモバイル」と「楽天モバイル」です。どちらの会社も5GBのプランで2,500円未満となっていますので、ここでは2,500円で計算しています。

 

4月から格安SIMにする

解約金&手数料合計:14,500円

格安SIM:2,500円✕6ヶ月分

合計 29,500円

 

更新月で格安SIMにする

ドコモ携帯代:7,000円✕6ヶ月分

合計 42,000円

 

差額…12,500円が節約できるということ。

ちょっと主婦にとって、12,500円も差額が出るということにちょっとビックリだし、それくらい高い携帯代金を払っていたということにも、自分の節約の甘さを思い知らされた計算でした。

 

2年前に切り替えていれば…

私が2年前のドコモの更新月に格安SIMを検討していたのですが…ちょっとネックなことがありまして。

それが私が使っているこの携帯は県外の大学に通っている子どもの名義になっていたのです。帰省してきたときに名義変更するつもりが、なかなか時間が取れず、ずっとそのまま放置していました。

名義を変えていないとMNP持ち出しができないので、それが格安SIMに切り替えることができない理由の一つでした。

そして、もう一つが携帯補償サービスというものが使えなくなるということ。2年前、スマホの充電状態が悪くなりつつあったときで、そろそろ携帯補償を使って端末交換をしてもらおうかな、ということを考えていた時でした。

格安SIMにしてしまうとドコモ携帯補償サービスが使えなくなるということがデメリットに感じてしまって、乗り換えのタイミングを逃してしまったというわけです。

2年前に切り替えていれば、どのくらいオトクだったのかを試算してみたら

  • ドコモ:7,000円✕24ヶ月=168,000円
  • 格安SIM:2,500円✕24ヶ月=60,000円
  • 解約金+手数料=14,500円

差額合計 93,500円

となりました。

うだうだしてて、切り替えるときを6ヶ月遅くなったとすれば、iPhoneⅩが64GBで12万円ちょっとなので、これの代金が軽く賄えたということになります。

それくらいキャリア携帯って高いんだな…と思いました。

我が家、小学生の子どもがスマホを持つとなったときは間違いなく格安モバイルを使わせるでしょう。

Docomoを解約してLINEモバイルに乗り換える手順のまとめ

 

-固定費
-, , , , , ,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.