共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

教育費

就学援助制度が認定される基準と振込日について/認定される事由の書き方見本

更新日:

2月に入ると、就学援助の申請が始まります。就学援助制度ですが、申請するのは誰でもできますが、認定される基準というものがあります。

そこで、我が家の子どもに届いたおたよりを参考にして就学援助制度についてまとめておきます。

スポンサーリンク

就学援助制度をおさらい!

就学援助制度をご存じない方は先にこちらの文部科学省のホームページをご覧ください。

 

学校教育法第19条において,「経済的理由によって,就学困難と認められる学齢児童生徒の保護者に対しては,市町村は,必要な援助を与えなければならない。」とされています。

こういう書き方をしています。

この経済的理由というものが認められると、就学援助制度を利用することができます。

 

就学援助が認定される基準

就学援助制度の認定を受けるためには以下の条件を満たしていることが最低条件となります。

  1. 生活保護を受けている、または停止、廃止され依然生活が困難である
  2. 住民税が非課税、あるいは住民税、事業税、固定資産税、国民年金保険料、国民健康保険料のいづれかが減免されている
  3. 児童扶養手当の一部給付、あるいは全額給付を受けている、または生活福祉資金の貸付を受けている
  4. 上記以外で経済的に困っている

こちらの1〜3までの3つの中でどれが1つに当てはまるご家庭は、申請=認定ということになります。

そして、多くのご家庭が「4.上記以外で経済的に困っている」という部分を選ばれたご家庭の場合、認定基準というものがあって、それが所得制限というものになります。

 

我が家が住んでいる市の目安となる所得金額

世帯総所得 家族人数 家族構成
185万円以下 2人 母、小学生
240万円以下 3人 父、母、小学生
310万円以下 4人 父、母、小学生、中学生
355万円以下 5人 父、母、小学生、中学生、高校生
395万円以下 6人 父、母、小学生、中学生、高校生、祖母

※所得とは、収入から経費を引いたものとなりますので注意してください。

こちらの世帯総所得は目安になる金額になっており、認定は個別に行われます。

ちなみに、調べてみたのですが、東京都ですと、この金額よりも50万円くらいプラスになった金額が認定基準となっています。必ずご自身のお住いの市町村から配布されるものを確認してみてください。

2018年は就学援助の認定がおりませんでした…

 

申請自由はどう書くべきか?

もし、この所得ギリギリなんだけど、本当に生活に困っているという場合、「その他の事由」を記載して申請をします。

ただし、「給料が少ないから生活が苦しい」ということだと認定されないこともあります。そこで、もっと詳しく状況を書くことが大切です。

なぜ給料が少ないのか?

という部分をもっと詳しく書くということが大切です。

申請事由で書いたものを、役所の教育委員会が審査をしてから認定という流れになります。そのときに審査されるのは申請事由だけではないので、ここははっきりと苦しい状況を書いておきます。

  • 住宅ローンの支払が増えてしまい生活費が少なくなった
  • 旦那が借金を抱えてしまい、その返済で生活が苦しい

など

きちんと書いて伝えないと、家計内容は把握できません。

仮に、申請の基準額以上の所得があったとしても、返済額が毎月給料の30%以上になっているというご家庭の場合、就学援助が認定される可能性があります。

私のママ友さんは、結婚前から旦那さんに借金があり、旦那さんが子どもが小学校に入るときに家を建てるほどの金額になってしまい、その返済が大きくなって就学援助を申請して通ったと喜んでおりました。

所得が高い=就学援助を受けられないということではないので、苦しい本当の理由を書いて申請をしてみてください。

 

就学援助の申請事由の見本例

就学援助の申請事由ですが、きっとそれぞれのご家庭で状況が違っていると思います。私の周りにいるママ友さんがどういう申請事由を書いているか、教えてもらったので参考にしてみてください。

※申請事由にウソはダメです!!!

 

上の子が進学したご家庭

上の子が県外の私立大学に進学し、奨学金を借りていますが足りなく、仕送りをしています。そのため生活費がカツカツの状況で苦しいです。

 

介護をしているご家庭

昨年、実家の母が倒れ、介護が必要になりました。兄弟がいないので、私達夫婦が面倒をみています。パート時間を減らし面倒をみているので、生活はギリギリです。

 

自営業のご家庭

自営業をしていますが、売上が思うように上がらず生活が苦しいです。国民健康保険料、国民年金保険料の支払もきつく、延滞しています。就学援助をしていただければ助かります。

 

 

就学援助の支給日について

就学援助ですが、お住いの市町村ごとに支給される日が異なります。

私が住んでいる地域の就学援助の振込は1学期ごととなっています。

  • 1学期:7月20日以降
  • 2学期:12月20日以降
  • 3学期:3月20日以降

 

2学期制の学校に聞いてみましたが、同じく年3回の振込だったということなので、ここは同じなのかな…と思います。

1年間にもらった就学援助費/2017年度小学校のものを紹介します!

また、まだ手渡ししている学校などもあるようで、その場合、保護者が学校まで取りに行くことになるそうです。

就学援助制度を利用するときは、わからないことがあれば必ず学校またはお住いの市町村役場に問い合わせをしてみてください。そのほうが確実です。

 

 

-教育費
-,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.