共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

クレジットカード

クレジットカードでリボ払いを使っている人!今すぐ返済計画を立ててください

更新日:

クレジットカードを持っている!という方、クレジットカードでの支払いをリボ払いにしている方は、今すぐ残金を確認してみてください。

そして、リボ払いを知らないという方は、支払い方法のことを勉強してみてください。

今日は、ちょっと過去の経験でリボ払いについて書いておきます。

スポンサーリンク

クレジットカードのリボ払い

クレジットカードを持っているという方、まさかとは思いますが、支払い方法、リボ払いにしていませんか?

リボ払いというのは、毎月の支払額を一定にすることができるというメリットがある反面、利息が15%くらいもかかるデメリットを併せ持つ支払い方法です。

リボ払いとは?(日本クレジット協会ホームページ)

リボ払いと一口に言ってもクレジットカード会社ごとに違っていて、残高スライド方式というものと、定額方式というものがあります。

利息が高くなるのは定額方式になります。

いわば、クレジットカードを作る時に決めた毎月の支払額というものが返済の金額になります。

 

リボ払いは仕組みを理解して使う

リボ払いって、とても便利な返済方法であることは間違いありません。

例えば、冷蔵庫と洗濯機が同時に壊れた…でも、手持ちのお金がない。というとき、合計30万円の買い物をして、一括で払えないけどカードなら払えるという場合、その返済方法をリボ払いにするというのはいいと思います。

そうじゃなくて、とりあえずお金が今はないから…と、色々な買い物をすべてリボ払いで買っているというようなときには注意しなければなりません。

 

こちらの西村優里さんの本にもありますが、買い物依存症というものになってしまうこともあります。

リボ払いって正しい利用方法を知って使うのはいいですが、お金がないけどコレ!欲しい〜という時に、リボ払いで買い物をするということは借金を増やす要因となります。

そのため、クレジットカードを使って買い物をするなら、1回払が基本です。

例えば、セゾンカード。

リボ払いを利用して30万円の買い物をしたとします。

すると、支払総額は320,164円となり、20,164円も利息がかかります。1ヶ月になおすと月1,680円分も余計なお金を払うことになります。

セゾンカードの場合、分割支払ができないようになっています。そのため3回以上はすべてリボ払いとなってしまうので、カードを新しく作る際には、こういう部分も事前に確認してみてください。

 

 

我が家のイタイリボ払い体験

我が家のクレジットカードは、基本的に買い物をしたときは1回払に設定してありました。

ちょうど、何かのタイミングで「後からリボ」というキャンペーンだったと思うんですが、ポイントを6,000円分くれるということで、一部のものをリボにするつもりがうっかりと全請求分リボ払いにしてしまったことがありました。

そして、いざ引落のときに通帳を記帳してみたらびっくり。10,000円しか引落されておらず、請求が10,000円しか来ていないことにあまりにもびっくりし慌ててネットで確認したところ、全額リボ払いにしてしまったということがありました。

そして、もう一つが、何かのポイントサイトで申し込みしたクレジットカード。新規で申し込みして、まさか支払い方法が自動リボ払いになっているということを知らず作りました。そして、数年後、クレジットカードで家電を買ってしまし、月々の利用明細の出ないクレジットカード会社で、数ヶ月になってはじめて気づきました。

このクレジットカードで支払った総額は買い物金額よりも遥かに多く、大きく損をしてしまったということです。

今は持っているクレジットカードをすべてリボ払いに設定していません。何よりも自動リボ払いしかできないカードはすべて解約しています。

Yahoo!知恵袋「リボ払い」に関する投稿はこちら

ヤフー知恵袋を見ていても、リボ払いに関する投稿が多いです。

 

もし新規でクレジットカードを発行するときは、必ず支払い方法を確認して、万が一「自動リボ払い」しかないということであれば、あまりいいクレジットカードではないので発行をしないほうがいいです。

 

リボ払いはすぐに返済計画を!

今、リボ払いを使っている!という方、残りの金額を確認してみてください。

そして、その支払で利息をいくら払うことになるのか。これを確認しましょう。

残高が1年で返済できないレベルになっているようなら、先にやるべきは元金を減らすことです。

最近のクレジットカードは、一部増額で返済をすることができます。中にはコンビニATMでショッピング利用料金を払うことができます。

ほとんどのクレジットカード会社はネットで増額返済の申し込みができます。10,000円でも20,000円でもいいので、元金を減らすことで利息は確実に減りますので、やってみてください。

そして、できるだけ早く返済をする!ということを決意して、返済計画を立ててください。

そうすれば、その返済していたお金は貯金に回すことができます。

 

 

-クレジットカード
-, ,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.