共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

生活費

給料日前に生活費が足りない…そんなときにやるべき生活費の予算化

投稿日:

私、かなり前の事になりますが、給料日前になって1,000円しかない…ということが、よくありました。

そう、生活費が足りないという状態です。そんな状態になったとき、どうすべきかを自分がやってきたことをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

給料日前にお金がなくなったときの対処法

さて、今から10年以上前の話です。

私がフリーランスになるちょっと前、パート勤務をしていたときの話です。

その当時の手取り額は夫婦2人合わせて30万円未満という感じです。(児童手当などは含まれません…)

当時は、袋分け家計簿というものをつけており、1週間の生活費予算を12,000円くらいで設定していたときでした。

今ほど食材や調味料が高くなく、豚ひき肉なんて100g48円とか58円で売っていたという懐かしい時代です。

給料日まで2,000円くらいしかなくなってしまい、残り5日間をどう過ごすかを必死で考えました。

そんなとき、私がやった方法がコチラです。

ポイントカードのポイントで買物をする!

まあ、当たり前と言えばそれまでなのですけど、これが本当に助かりました。

 

とあるドラッグストアのポイントカードが1冊貯まると100円引きなんですが、20冊貯まると3,000円分の商品券に変わるというものでした。

私は、このお店のポイントアップデーをフル活用しており、数カ月に1回貯まるほど利用しておりまして、運良く20冊目が終わっていました。

これでひとまず生鮮品以外のものであれば買えるということです。

2,000円で生鮮品を買って、お菓子とか調味料はドラッグストアでなんとかすれば足りるという状況です。

今回の場合、生活費が足りないということで、必要なもの以外は買わないということを徹底すれば、大人2人、子ども3人の食費ってのはなんとかなるもんだと知ったわけです。

 

他にもある!お金がないときの対処法

お金が足りない…というときの対処法ですが、色々あります。

ただし、やってはいけないことが

一時的にお金を借りる

という行為です。

こういう足りない時に、キャッシングなど、お金を借りられる消費者金融とかクレジットカードのキャッシングからお金を借りるということは、最終的に次の月に返済がやってきて、予算が崩れてしまうからです。

そこで、私が過去にやった方法がコチラです。

  • ポイントを使う
  • 不要なものを売る
  • 小銭貯金を崩す

詳しく説明していきます。

 

ポイントを使う

色々なお店でポイントを貯めることができるサービスが増えてます。

現在、私が貯めているポイントは

  • 楽天ポイント
  • Tポイント
  • ドラッグストアのポイント
  • nanacoポイント

こちらの3つです。

楽天ポイントとTポイントに関しては、今はあちこちのお店で使うことができますので、いざというときにはとても助かっています。

特に、楽天ポイントの場合、食材が足りない!というときにも気軽につかうことができる点はメリットでしかありません。

Tポイントですが、こちらはガソリン代に使うことが多いです。

ドラッグストアですが、私が使っているドラッグストアは「くすりのアオキ」というお店のもので、500ポイント=500円分の割引券になりますが、これを3枚貯めると2,000円分の割引券に変わります。

そして、最後にコンビニのポイントカード「nanacoカード」です。こちらは、たくさんのポイントを貯めることはできないのですが、それでも年間1,000〜2,000ポイントくらいになっているもので食材を調達するという方法です。

これなら手持ちの現金がなくても1週間位ならなんとかなります。

 

不要なものを売る

次にやったのは家の中にある不要なものをお金に変えるということ。

過去にやったのは無料で買い取りしてくれる場所へ持ち込みして売るという方法が一般的でしたが、今はネットを介してそれをすることができます。

私がメインで使っているのはメルカリです。

↑こちらの招待コードを入力すると「友達紹介くじ」がもらえます。50ポイント〜10,000ポイントがあたります。

こちらは、ある月のメルカリの売上になります。四季がかわるタイミングで家の中の不用品を売って90,000円を超えました。

ちなみに、こちらは自分が買ったものを売っているだけなので、収入にはなりません。

 

小銭貯金を崩す

こちらはやっている方しかできないものですが。

私は、365日貯金というものをやっています。1年間、365日毎日小銭を貯めていくという方法ですが、ここから一時的に借りるという方法です。

1,000円取ったら、1,000円分の金額を先延ばしにしておくといいと思います。

ただ、貯金を減らすことになるものなので、最後の最後の手段として使うといいと思います。

 

お金が足りないのは予算化が間違っている!

さて、ここまで書いてきましたが、そもそも月末に予算が足りないという場合、予算化の金額設定が間違っているということ。

当時の私の場合、大人2人、子ども3人の食費と日用品のお金を1週間12,000円に設定しておりましたが、家計簿をみてみると全然、足りていないことに気づきました。

そこで、なぜこんなにも食費がかかるのか?を見直しをしました。

すると…旦那さんの食事量が多いことに加え、上の子2人が食べ盛りに入っているということに気づきます。

食費を減らすということは私はあまり好きではないので、食事だけは少しプチ贅沢をして上げることに決め、3人目の子どもはカウントせず食費として1日あたり2,500円として設定しようと決めました。

これで1ヶ月75,000円です。そして、上の子が大学生になって、今度は3人目が食べ盛りになり、食費の金額は下がっていません。

ただ、予算化して予算を守れないということにストレスが溜まります。自分の家の適切な食費がこれ!というのがわかっていますので、これ以上削るってことは難しいがわかっていますので、今はこれで良しと決めています。

 

 

-生活費
-,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.