共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

家計管理

共働き夫婦のお小遣いの金額をどう決めるのか?いくらなら納得できるか

投稿日:

共働きしているご家庭のパパさん、ママさんは自分のお小遣いをどれくらいに設定してますか?

我が家は、結婚当初は旦那5万円、私3万円と高額でしたが、徐々にそれが無理になり、今は手取りの約10%という設定に見直しました。

そんなお小遣いの金額の決め方について書いてみます。

スポンサーリンク

共働きだからこそのお小遣い

今、日本の就労世帯の割合は年々、増えています。

共働きしているご家庭、ご近所を見渡しても専業主婦で家にいるママさんはほとんど見当たりません。

私の母くらいの世代で稀に専業主婦がいますが、私の年代で専業主婦をしている方をあまり知りません。

それほど、皆さん生活のために働きに出ているのです。

そこで、気になるのが自分の働いたお金を自由に使えるおこづかいのことです。

我が家は、結婚当初、親と同居していたことで旦那5万円、私3万円という共働きであるからこその高額なお小遣いを使ってきました。

しかし、家の家計管理を任されるようになり、旦那が5万円を使っているとマズイということで3万円に下げ、私もそのときに15,000円にさげました。

そして、徐々に子どもにお金がかかるようになり、上の子が中学校進学をしてからは2万円、15,000円と下げていき、今は10,000円しか渡しておりません。

私は、ずっと15,000円のままですが、この設定を決めるまでに色々なことがありました。

 

2万円で携帯代を出して欲しい!

子どもが中高一貫校に上がったときです。

旦那が転職をして、給料が少しアップしたのですが、中高一貫校は高額学習などの費用の積立があり、毎月26,000円くらいの引落があります。

その他に、定期代があったので、小学校のときよりも3倍以上の学校関連費がかかることになりました。

それを算出するために、旦那の手取りで3万円のお小遣いはかなり多いということ。そこで、真っ先に見直したのが旦那のお小遣いです。

ただ、下げるというと、反感を買うことになりますので、私はこういう提案をしています。

携帯代8,000円もかかってイタイから、込みで20,000円にして欲しい!残り、12,000円あれば、飲みにも行けるし、タバコも買えるでしょう!

と。

ところが、旦那の顔が変わり、それだったら携帯代抜きで15,000円にしてくれ!と言われました。

そうなんです。これが狙いでした。

私と同額のお小遣いにすることで、きっちり2人で30,000円とすることができました!

 

10,000に減ったお小遣いのこと

実は、現在、旦那のお小遣いは10,000円です。

以前は、下着や靴下、作業着など仕事に関わるものは私が買っていましたが、それ以外の私服に関しては旦那がお小遣いから出していました。

足りなくなると、カンパして欲しい!とお願いされて、足りないときは補填していました。

しかし、あるとき、旦那のミスで会社の大切なモノが壊れてしまいその修理費をに約50万円かかるということで、家の大切な貯金を切り崩し、払うことになりました。

ただ、会社の方では半分の負担ということで済ませてもらったということ。助かりましたがいきなり25万円の出費はイタイです…

そこで、旦那に私は提案しています。

貯金から25万円を貸してあげる!どうやってこれを返していくつもり?

すると、旦那は考えたのでしょう。

お小遣いを月10,000円にして5,000円減らしていい。

その代わり、年1回出る会社からの手当の一部でお小遣いの補填をして欲しい!と。

私はもうラッキーと思い、了承しました。

旦那の会社から、旦那は自分の携帯を使って仕事の連絡のやり取りをしていることで1ヶ月2,000円でしょうかね、補助が出ているのです。その他にも、1,000円かな?半年に1回6,000円くらいの手当が出ていて、渡すときもあれば、渡すことがないときと色々ありました。(もしかして他にも手当があるのかもしれないのですが、わかりませんので…)

この2つの手当を自分が使うことを了承してくれ!という条件で減らしていいということなのです。

やっとこれでお小遣いを10,000円にすることができました。(実質13,000円のお小遣いということになりますけど)

ただ、10,000円に減らしたことで、家計費の出費が少し増えるのですが、それは仕方がないことですから我慢ができます。

 

鬼嫁になることで家計管理ができる

我が家の場合、お小遣いが高かったときは、晩酌に飲む焼酎代金は旦那持ちでした。

しかし、もう10,000円に下げたことでお酒を買うことができません。

焼酎は1ヶ月大きなものが1〜2本くらいでしょうか。365日晩酌する人なので家計費から出します。

他に、お中元とかお歳暮でもらうビールは旦那がすべて飲みます。年間通して、ビールを家計費から買ってあげる頻度は24本入り2ケースくらいでしょうか。

そして、たまにですがおつまみとかも家計費から出しています。

そうすると、結局はお小遣いで出していたときよりも高くなっていることもありますが、私の金額管理が楽ちんになったのです。

今は旦那が自分のお小遣いで買うのはタバコくらいなので、低いお小遣いでもやりくりができるというわけです。

 

 

 

 

 

-家計管理
-, , , ,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.