共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

妊娠出産

妊婦健診は補助券を使っても無料になるわけではない!意外とかさむ妊婦健診の費用

投稿日:

妊娠して、母子手帳を発行してもらうと、その時に一緒にもらうことができるのが「妊婦健診助成券」です。

これは妊娠した女性がすべて発行してもらうことができて、なおかつ14回分の検診費用を助成してもらうことができます。

ところが、これを使って妊婦健診の費用が全額無料になるわけではないのです。

スポンサーリンク

少子化でも無料にはならない妊婦健診費用

私は、妊婦健診費用って、少子化対策をする政府に対しては全額無料にすべきだと考えています。

ところが、この妊婦健診費用、受診する病院毎に自費費用となっているもので、妊婦健診費用が病院毎に異なるものだって知っていましたか?

そう、すべての病院が一律で検診費用を設定していないこと、これが全額無料にならない要因の一つなんだと思います。

妊婦健診補助券(助成券)というのは、そもそも国が100%負担するものではなく、地方自治体への負担というものがある助成金なのです。

割合としては、5回まで地方自治体、9回が国ということになっています。そして、この地方自治体の金額なんですが、上限というものが決まっています。

東京都江戸川区妊婦健診助成券の上限額

東京都青梅市妊婦健診助成券の上限額

この上限額が決まっているため、かかる産婦人科の検診費用が高い病院で妊婦健診をすると、実費費用としての持ち出しが高くなるというわけです。

都内での妊婦健診の費用について(ヤフー知恵袋)

こういう書き込みがあるのも、病院毎に妊婦健診の費用が違っているからなのです。

北里大学産婦人科自費料金表

産婦人科クリニックさくら自費料金表

広尾レディース自費料金表

愛育病院妊婦健診費用

妊婦健診の費用が違っているのがわかると思います。

それぞれの産婦人科というのは、このように保険適用外の診療に関しては病院毎に料金の設定ができるようになっており、それが妊婦健診の助成券を使っても無料にならない理由なのです。

 

私が払った妊婦健診費用

私が3人目を妊娠したとき、妊婦健診助成券が14回ではなかった時期でした。数回分の補助券が発行されていましたが、それでもあまり健診費用の高い病院を選んでいなかったこともポイントなのかもしれません。

また、私は抗核抗体という病気を持っていたことで、保険適用になる部分があったようで、毎回、5,000円以上払うことはありませんでした。

母子手帳を見て回数を確認しましたが、初診から含めると12回、病院にかかっています。母子手帳発行されてからの健診は10回でした。(臨月に2回入院をしています)

合計で約32,000円くらいの健診費用がかかっていました。

この他に、妊娠28週までは抗核抗体の薬代金、便秘になった時の薬代がかかっていましたので実際は50,000円くらいはかかっているということになります。

 

妊婦健診費用を抑えるための選択肢とそのリスクについて

妊婦健診ですが、母子手帳をもらうと必ず受けることになっています。

ところが、妊婦健診助成券(補助券)を持っていても、実費の金額が1回3,000〜5,000円かかるって痛いなということで、いかなくなる方もいると聞いてます。

確かに、東京都内の病院の妊婦健診の料金を調べてて、高いな〜と思いましたから、千葉とか埼玉で電車で遠くても健診に行くという選択をされる方もいるでしょう。

妊婦健診ですが、私がお産した病院から配布されたテキストにかかれてあったのは「電車や車で30分以上かかる病院は避けるべき」とありました。

 

先日、電車の中でお産をした方がいたというニュースを見ました。

電車の中でお産をした妊婦さんは経産婦さんで、突然、陣痛が来てお産になったと思われますが、運が良かったようで隣に看護助手の方がいて、バスタオルを持っていたということで、無事に出産されておりましたね。

これって、初産の方はそうじゃないかもしれませんが、経産婦さんの場合、陣痛が来て15分間隔になってから子宮全開になるまでの時間が読めないということがあるようです。

私も3人目の出産のとき、分娩室にいてまだ子宮口が6センチだったのに、その数分後にいきなり全開しており破水してからすぐお産になりました。

あとで看護師さんに教えてもらったのですが、◯◯さんは、先生から「(3回目のお産なので)子宮口6センチの状態になったらすぐコール」ということを言われていたそうです。こんなことが経産婦さんはよく起こるということなんだそうです。

確かに、近くの産院で妊婦健診を受けて毎回5,000円ってキツイと思いますが、遠くで健診するにも電車代がかかっちゃいますよ。

そういうことも考慮して病院を選ぶべきなんだと思います。

 

-妊娠出産
-, , , ,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.