共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

妊娠出産

結婚して妊娠してから色々とかさむ出費について書いてみました!

投稿日:

結婚して妊娠すると、病院で健診を受けることになります。

この妊娠してからかかるお金、気になりませんか?

そこで、最近の妊婦健診にいくらかかっているのかを調べてみました!

スポンサーリンク

妊娠してからかかるお金

妊娠をすると、まず色々とかかるお金があります。

  • マタニティ用品
  • 妊婦健診
  • お産のための準備品

など

妊婦になると思った以上に、お金がかかります。

妊婦健診

妊婦健診ですが、赤ちゃんの心音が聞こえて医師が大丈夫と判断すると、母子手帳をもらうための妊娠届出書というものを発行してもらえます。

発行にはお金はかかりませんが、次回から妊婦健診という対象です。この妊娠届出書の発行は、産婦人科毎に違っていますが、だいたい妊娠10週〜12週には母子手帳がもらえます。

母子手帳発行に必要なもの

    1. 妊娠届出書
    2. 健康保険証
    3. マイナンバーカード(個人番号通知カード可)
    4. 本人確認ができる証明書(運転免許証など)

この手続のときに、「妊婦健診補助券」が14回分発行されます。これで基本的な妊娠に必要な検診費用は無料なのですが、実費がかかることがあります。

別途費用については、病院毎、地域ごとに異なりますので注意してください。

都内での妊婦健診の費用について(ヤフー知恵袋)

こちらを見ると、妊婦健診補助券を使っても実費5,000円って高いな〜と思います。

私が3人目の出産をしたときのことですが、妊娠したかもしれないという1回目の診察で3,500円、2回目も同じくらいでした。3回目に母子手帳を発行してもらう妊娠届出書を貰ってその時も2,800円くらいでした。

妊婦健診は補助券を使っても無料になるわけではない!意外とかさむ妊婦健診の費用

妊娠して、母子手帳を発行してもらうと、その時に一緒にもらうことができるのが「妊婦健診助成券」です。 これは妊娠した女性がすべて発行してもらうことができて、なおかつ14回分の検診費用を助成してもらうこと ...

母子手帳を発行する前の検査で抗核抗体があることが判明し、妊娠28週まで飲まなくてはいけない薬が4週間ごとに出ていましたのでその診察代+薬代がかかっていました。そのため、毎回2,000円くらいの出費がありました。

 

 

母子手帳ケース

母子手帳をもらうと母子手帳と妊婦検診補助券を挟むためのケースが必要になります。

色々なメーカーさんが販売していますのでお気に入りのものを見つけるといいと思います。



↑こちらですが、私が使っていたものです。

これは革でできており、色々なものをしまうのに重宝しています。

使い終わっても通帳を挟むことができるので買ってよかったなと思っています。

母子手帳ケース【革】はこちら

マタニティグッズ

妊娠して4ヶ月の終わりくらいから5ヶ月目に入る、いわば安定期になると、徐々にお腹が目立つようになります。

そうすると、今度は自分の肌着、洋服、靴は今までのものでは間に合わず、買い替えしないといけなくなります。

そこで、妊婦さんになって買い揃えるものをこちらに紹介しておきます。

戌の日につける腹帯

妊娠して5ヶ月をすぎ、胎動を感じる頃になると腹帯をする風習があります。

主に、戌の日に神社にお参り(安産祈願)をし、その日に腹帯を巻くといいという日本の古いしきたりがあります。

戌の日を調べることができる安全祈願サイトはこちら

↑こちらでこれからの戌の日を調べることができます。

腹帯【妊婦帯】はこちら

妊婦帯という名称で検索してもたくさん見つかります。

私は、3人目の出産の時、戌の日の妊婦帯は、腹巻きタイプ2枚、ガードルタイプ2枚の合計4枚を使っていました。

そして、妊娠中期くらいまではガードルタイプでも良かったのですが、妊娠後期になってお腹が大きくなってきた時に徐々にトイレに行くたびに使いにくさを覚えたため、最終的には腹巻きタイプの腹帯を使っていました。

どちらがいいということは使ってみないとわからないですが、最初は1枚ずつ買っておくと良いと思います。1枚3,000円前後ですので、2枚なら6,000円ですね。

 

マタニティウェア

私の場合、今のようにおしゃれな普段着ってあまりなかったんですよね。

特に、普段着として着れるワンピースがあまりなかったので、苦労しましたが、それでもできるだけ安く済ませたい!ということで、ご近所のママ友さんがお下がりをくださったのでとても助かったのを覚えています。

洋服だけでも3枚〜4枚持っていないと、仕事を持つママさんは回らないと思いますのでそれだけ出費が増えます。

程よいゆったりサイズチェック ワンピース aライン 長袖 シンプル コットン ワンピ カジュアル ナチュラル テイスト 服 秋冬 秋冬 NP0542

こちらのショップ「ナチュラルセンス」ですが、リンネルなどに掲載されるゆるふわ系のお洋服が揃うショップさんです。

こちらに紹介しているワンピース。私は普段着で買ったのですが、レビューの中でマタニティウェアとして着ている口コミがありました。

お値段がとにかく安い!から、同じワンピースを何枚も持っているという方の口コミが多かったですし、ゆったりと着れるということも人気の理由なんだと思います。

こういうお洋服であれば、妊婦が終わって育児をしているときでも使えますので、選ぶ際は参考にしてみてください。

 

出産のための準備品

出産のための準備品ですが、今、ネットであちこちで紹介されています。

出産準備品の詳細はこちら

ただし、赤ちゃんを産む予定の病院で、「分娩キット」または「アメニティ」というものが事前に入院費用についている場合、または希望して購入できる場合、こちらの出産準備品で買わないで済ませられるものもあります。

私がお産した病院は、お産のためのアメニティはなかったので、最低限、必要だと思われるものを買っておきました。

出産準備品って意外とお金がかかりますので、事前に調べて、とにかく安く済ませられるようにしておくのがポイントです。

出産準備品ですがあまりにも多いので、別の記事で紹介しています。

参考にしてみてください。

 

 

 

-妊娠出産

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.