共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

家計管理

結婚して共働きしている我が家が財布を1つにしたきっかけとは?

投稿日:

今、ほとんどの家庭は共働きでダブルインカムとなっていると思います。

旦那さんが正社員、奥さんが正社員またはパートというダブルインカムで収入がそれぞれにあって、それぞれで管理していると思います。

そんなとき、しっかりと貯めることを意識するなら、管理を1つにするほうがいいです。

そんな我が家が財布を1つにしたきっかけをまとめます。

スポンサーリンク

家計管理を一つにするきっかけ

我が家は、結婚当初は収入がトリプルインカムで、義父がまだ仕事をしていました。

このときは、親と相談をして、家に家計費を入れるということで話し合いをしました。

ところが、上の子が保育園に入園するタイミングで、親からは家のやりくりをして欲しいということで、家の家計管理を任されました。

ただ、私達が負担するのは主に生活に関わる部分のお金で、交際費に関してはまだ親が負担してくれるということになっていました。

しかし、旦那は家計管理を1つにするということに納得がいかず、まだその時は2つの財布でやりくりをしていました。

そんなとき、ふと見つけたある1枚の明細。部屋に無造作に置かれていた借り入れの明細です。

30万円のカードローンの明細で、借入額が約27万円となっていました。

私はすぐ旦那に話を持ちかけ、家計管理のやりくりをしている現在の状況を伝え、夫婦の家計管理は2つではだめなので1つにすべきだと訴えました。

それが結婚してから5年目のことです。

 

1つの財布にすることを了承できない旦那

旦那ですが、なかなか納得してくれません。

確かに、自分が働いたお金の管理を妻がするということ、これに納得がいかないんだと思います。

しかし、すでにこの時点で家の家計管理(交際費を除く)を任されており、旦那の給料から10万円を私はもらっていました。

ここから公共料金、保険料、子ども費、食費をすべて出しており、自分の給料からも払っていました。

でも、徐々に増える生活費、そりゃそうですよね。親と同居しているわけなので、家族6人分の公共料金がかかります。

何度も家計管理を1つにするメリットを訴えても旦那は納得してくれません。

そんなとき、旦那の母が病気になり、私は育児をするために仕事をやめ、フリーランスとなりました。

フリーランスという仕事を選んだ理由と独立したきっかけとなる出来事

私の仕事について書いておきます。 フリーランスって今はやっている方も多いですが、当時は認知されていない仕事でした。 興味がある方は参考にしてみてください。 スポンサーリンク Contentsフリーラン ...

それが上の子が小学校に入ったときでした。

義父が他界したことで、家計管理の100%が私達、夫婦の元にやってきて、一気に家計管理の重要性を知りました。

そこで、もう一回、旦那にこれからの話しを、何日もかけてしました。

 

すると、なぜか今まではダメだったことなのに、このときはあっさりと納得してくれました。

 

旦那に認めてもらった条件

旦那に認めてもらう条件として、私が提案したのは

お小遣いは手取りの10%

というもの。

ただし、旦那が作った借金すべてを返済することを約束しました。

旦那がよそから借りている個人的なローンですが、当時100万円くらいあったと思います。

これを返済する代わりに、家計管理を一元化させ、お小遣いをボーナスなし、月々手取り金額の10%とするということを決めました。

なぜ、これで納得してもらえたのか?

それは簡単です。

自分で借金を払うことが手間になったからなのでしょう。

このおかげで家計管理を一元化することに成功したというわけです。

 

 

-家計管理

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2018 All Rights Reserved.