共働き夫婦手取り400万円台のワーキングマザーの家計簿

子育てワーキングマザーの家計簿

確定申告

医療費控除でいくら戻るのか?計算できるサイトを見つけたので紹介します

投稿日:

年末調整ではできない医療費控除を受けるためには、還付申告というものを提出することになります。

この医療費控除は還付申告というもので、3月15日までに提出するものとは違って1年通して修正申告として提出できるものとなっています。

 

還付申告は3月15日過ぎてもOK

もし、給料所得者の方で、年末調整を経て正しい所得税を計算した方は、その後の医療費控除、寄附金控除については、還付申告という扱いになります。

還付申告というのは、すでに支払った税金を戻してもらう申告になっていて、期限は5年間となっています。

2018年の申告であれば、2023年12月31日までに申告を済ませればOKというかなりゆるい規定となっています。

もし、過去5年間の申告で控除漏れがあるなら、できれば修正申告を出して支払った税金を還付してもらうことができます。

それに含まれているものが医療費控除、寄附金控除になります。

 

医療費控除でいくら戻る?

まず、医療費控除というものを勘違いしてほしくないのですが、1月1日〜12月31日までの1年間に支払った医療費から補填された保険などを差し引き、支払った金額が10万円以上になったときに、その分を所得から控除するというものが医療費控除です。

もし、10万円以上かかった医療費であっても、高額医療などから補填されている金額を差し引きして10万円に満たないときは医療費控除に使うことができません。

例えば、出産した方を例にとります。

病院の窓口で支払った金額が55万円であって、出産一時金で42万円の補填がありますので、実費で支払った医療費は13万円ということになります。

そこから10万円を差し引いた金額が医療費控除となります。この場合、30,000円が医療費控除の対象ということになります。

注意ポイント

補填の部分で補足しておきますが、個人で加入しているの医療保険からの保険金支払の部分については補填になりません。医療費控除の補填というのは、健康保険、国や地方自治体からの助成や補助金などを補填という定義をしていますので、間違えないようにしてください。

ぶっちゃけいくら戻るの?と不安になると思いますが、所得税の戻る金額って微々たるものなのです。

医療費控除簡易計算サイト

 

こちらに簡易計算サイトがありますので、ぜひ金額をいれてみてください。

先程の例を元にして入力してみます。

所得が400万円の方であれば、所得税と住民税をあわせても9,000円の還付金しかありません。

ただし、医療費控除を出すことで住民税なども安くなりますので、還付申告が無駄ということはありません。

なんだ…9,000円かと思うのか、9,000円も戻って嬉しい!という方がいるでしょうが、お寿司を食べに行くには十分な金額ではないでしょうか。

 

気になる方は、ぜひ先程のサイトを使って計算してみてはいかがでしょうか。

 

 

-確定申告
-, ,

Copyright© 子育てワーキングマザーの家計簿 , 2019 All Rights Reserved.